アリババとテンセント出資の保険会社がブロックチェーン技術を活用

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

地方の保険会社10社にインフラを提供している中国の大手保険会社、衆案保険(ZhongAn)社は、患者データと財務情報を安全に処理する目的でブロックチェーン技術を利用するために、100以上の病院と提携していると述べました。

取引の意義

保険業界と医療業界は、相互に絡み合っており、相互に依存しています。ほとんどの地域では、医療サービス提供者と病院は、すべての患者がきちんと保険を受けられるように、各患者が契約している保険会社と連絡を取る必要があります。

韓国のような国では、基本的に全ての市民が手頃な医療を受けられます。病院は条例を遵守する必要があり、すべての患者は国民健康保険と保険会社からの保険金を受けることで治療費を賄うことができます。

ここ数年、何百もの企業やユーザーがハッキング攻撃やセキュリティ侵害の影響を受け、個人情報や財務情報が漏洩しています。2017年の最大のスキャンダルは、米国の信用調査機関であるEquifax社に対するハッキング攻撃でした。

これは、2017年に報告された中で最大の被害となり、エリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren)上院議員の最近の調査では、同社の被害は当初報告されたものよりも大きいことが判明しました。

「10月にEquifax社のCEOに正確な被害の程度を尋ねたところ、彼は私にちゃんと答えられませんでした。そのため5ヶ月かけて、自分で調べてみたところ、Equifax社の情報漏洩の大きさが明らかになりました。私が報告書を発表して以来、Equifax社は、私たちに語った程度よりもさらに悪いことを認めました」

とウォーレン氏は言います。

Equifax社やヘルスケアや保険業界の巨大複合企業が失う情報の種類は、犯罪者が財務情報を利用して納税申告を受け取ったり、偽の身元を作るなど、直接犯罪に利用できるため、闇社会で非常に価値があります。

中国の保険複合企業がブロックチェーンを使用

衆案保険Online Property&Casualty Insuranceの技術チーフであるチェン・ウェイ(Chen Wei)氏は、ハイテク企業がブロックチェーンを利用してデータを安全に保管し、処理することで、最終的にリスクを最小限に抑え、保険の価値を向上させることができると述べました。

「保険は統計によって裏付けられており、ブロックチェーンはその膨大かつ多様なデータをつなぐのに役立ちます。リスクを管理し、保険価値を改善するために使用されます従来、保険販売は代理店や個人販売員に依存していましたが、若い世代ではオンライン保険が好まれます。

保険契約者は、もはや証明書として紙文書を提出する必要はなく、代わりに、いつ、どの病院を受診したかを言えばいいのです。」

Alibaba社会長のジャック・マー(Jack Ma)市、Tencent社のポニー・マー(Pony Ma Huateng)会長、Ping An Insurance社の会長であるピーター・マー(Peter Ma Mingzhe)氏によって設立された衆案保険社はすでに中国の保険会社によるブロックチェーンの普及を開始するため、上海の保険規制局と調整を始めています。

「ブロックチェーンと現実を組み合わせようとしている」と、チェン氏は、衆案保険社が中国の100の病院と提携し、ブロックチェーンを使って情報を処理していると強調しました。

Tencent and Alibaba’s Insurance Giant Is Using Blockchain With 100 Hospitals