Ethereum Classicがハードフォークで「爆弾のような難解」を解消

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イーサリアム・クラシック(Ethereum Classic)は、マイニングを不採算にするために設定されたネットワークコードで見つかった「爆弾のような難解」を解消したことを発表した。

Ethereum Classicは、2016年にイーサリアム(Ethereum)から分割され、スマートコントラクトの資金調達プロジェクトであるDAO(Data Access Object)を傷つけたハックに続く資金喪失に関する意見の不一致を乗り越えた。

コミュニティと元々の開発者のほとんどは、取引をやりとりして失われた資金をイーサリアムのユーザーに返却するためにチェーンをフォークすることを選択したが、ブロックチェーンを変更してはならないと感じた人もおり、そこに亀裂が生じてプロジェクトが2つのバージョンに分割され今日に至っている。

現在、Ethereumはマイニングを必要としないProof-of-Stake(PoS)コンセンサスアルゴリズムへの移行の初期段階にあり、報酬やマイニングの難しさを増やすため開発者にPoSへの移行を促す機能を実装している。

PoW(Proof of Work)がブロック検証よりもコンセンサスを達成するための最も分散された手段であると考えると、Ethereum Classic開発者は現在これを行う予定はなく、ブロック5,900,000のハードフォークを介して行われる新しいアップデートECIP-1041を考案した。

現在、フォークが導入されているため、マイナーはネットワーク上のトランザクションの検証の報酬をより簡単に享受することができる。

古いバージョンを実行している他のノードは、報酬として受け取った通貨を交換することができないため、新しいバージョンのEthereum Classicに引き続き参加するには、すべてのノードを更新する必要がある。

ノードの大半はフォークが実行される前にアップグレードされたと開発者は語っており、フォークは2016年以来パイプラインに存在したので、特に議論の余地はなかった。現時点で時価総額や通貨価値に大きな変化はなかった。

5/30更新:この記事の以前のバージョンでは、EthereumがすでにProof-of-Stakeコンセンサスアルゴリズムに移行していると誤って述べられていた。

Ethereumから派生した通貨として注目のEthereum Classicは安全性が高い通貨です。どのような特徴を持っている通貨なのか、また今までの通貨の動きについて解説しています。チャートから読み取るEthereumClassicの将来性も注目です。

Ethereum Classic Defuses “Difficulty Bomb” in Hard Fork