仮想通貨(コイン)の Karbo(カルボ/KRB)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のKarboの価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

Karbo(カルボ)とは?基本情報


Karboは、2016年8月に取引が始まった仮想通貨であり、略号表記はKRBとなります。

Karboは、中央集権型の管理者や発行体を持たず、また仲介者や規制当局の介入や操作も一切行われない、プライバシーと匿名性を保証する、分散型ピアツーピアネットワークのことです。

このKarboは、ブロックチェーン技術によってコピーや偽造ができないよう保護されています。Karboは、自由経済を形作るための自由な交換媒体の一つとして提案されたものであり、各個人同士をそれぞれ繋いだ非集中型システムを採用しています。

マイニング用の高価な特殊機器(ASIC)は、必要とされず、平等なマイニング機会を提供しています。

Karbo(カルボ)の特徴・仕組み

Karboは、中央集権制を完全に排し、一つの理想としての自由主義経済と分散型システムを追い求める仮想通貨プロジェクトです。

その特徴は以下になります。

  • プライバシーと匿名性
  • 仲介者と規制当局者が存在しない
  • 自由、信頼、安全
  • オープンとアクセシビリティ

プライバシーと匿名性

トランザクションを追跡することができない、支払いの匿名性やブロックチェーンの頑健性が、Karboには付帯されています。

プライバシーは、それが効果的であるためには、あらゆるオペレーションで配慮される必要があります。すべてのKabosは同じ価値を持ち、交換することができます。

仲介者と規制当局者が存在しない

取引は、仲介なしに分散システムを通じて行われます。そして、排出システムは、中央制御機関のない所定の数学的アルゴリズムに従って動作します。

自由、信頼、安全

ネットワーク、取引、顧客口座、およびKarboは、暗号で保護されています。利用者は自身のkarbosをコントロールし、それらの安全を担ってもいます。

誰もKarboを奪い取ったり、没収したり、アクセスを拒否したり、他社のKarboを処分する自由はありません。

オープンとアクセシビリティ

カルボは、平等に分散化されたネットワークです。誰もがこのネットワークに貢献することができます。また、マイニングには高価で特殊な設備は必要ありません。

毎月のアカウント手数料もなく、銀行カードも必要ありません。ほとんどの取引は無料でできます。

Karbo(カルボ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年8月12日
  • 取引開始時価格:0.005878$
  • 直近価格   :0.772661$
  • 最高値    :2.07$(2017年11月21日) 取引開始時価格の約352倍!!
  • 最安値    :0.005190$(2016年8月31日)

Karboは、2016年8月に取引が始まりました。取引開始当初から非常に緩やかに価格が上昇していきます。時折、一時的な下落があるものの、すぐに回復するという流れを繰り返します。

そして、2017年6月ごろから本格的に価格が上昇し始めます。2017年11月には、かなり急激な価格上昇が起こり、11月21日には取引開始時価格の約352倍となる最高値を記録します。

その後、大きな乱高下を繰り返しつつ、徐々に底値を下げている展開が続いています。今後の価格の動きは非常に不透明であり、取引には注意が必要でしょう。

Karbo(カルボ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Karboの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Karbo(カルボ)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、徐々に注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと言われるネットワークを利用した通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

一方で、このような流れ中で、仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーに多くの問題が指摘されているのまた事実です。

例えば、Bitcoinだけでも、ASIC(特定用途向け集積回路)の利用による寡占化されたマイニング、それによる51%アタック問題の危険性、マイニングにかかる消費電力の大きさといったマイニング関連の問題から、ピアツーピアシステムによるブロックチェーン上の情報のパブリック性、非匿名性、さらには2017年の高騰と2018年初旬に見られる下落という価格のボラティリティの大きさなど、数う多くの問題が指摘されています。

こういった流れの中で、多数の仮想通貨プロジェクトが並行して進められており、仮想通貨とブロックチェーン業界は非常に競争の激しい分野にもなっています。

今仮想通貨業界は、熾烈な競争の中、数多くの問題に遭遇し、それらを解決しようとする真っ只中にいます。

これら数多くの問題が山積の業界で、Karboがどのように頭角を表すのか、今後の活動に期待です。

Karbo(カルボ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Karbo(カルボ/KRB)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

  1. -1

    […] косвенно подтверждается и внезапной волной интереса японских и корейских специализированных ресурсов к Karbo. Скорее […]

    2018/06/05(火) 01:23:44

他のコメントの書き込みをみる