仮想通貨取引所Huobi(フオビ)、ブラジルで事業拡大へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブラジルでのプラットフォームを売り込むとして、報道によると仮想通貨取引所のHuobi(フオビ、以下Huobi)はブラジルでの事業を拡大し、サンパウロでオフィスを構えた後、現地にて従業員を採用予定としているとしています。

ブラジルのサイトPortal do Bitcoinによると、サンパウロで開催された仮想通貨のカンファレンス「VI Bitconf」(ビットコイン支持者であるRoger Ver氏がベネズエラの石油などの埋蔵天然資源を裏付けとする仮想通貨Petro(ペトロ)に大金をつぎ込んだカンファレンス)で
Huoubiの代表たちが名刺を配るところを目撃されたとのことです。

Portal do Bitcoinを通じて、Huobiは「ブラジル国内市場でで知れた名前の人たち」にコンタクトをとっており、We Work社によって提供されているオフィスでサンパウロ市内にワーキングスペースを整えました。

Houbi側からの公式な情報は発表されていませんが、Portal do Bitcoinは今年末までにはオペレーションが開始されると主張しています。

LinkedIn(リンクトイン:ビジネス特化型SNS)ではシンガポールを拠点とする企業が社内での不正や違法な活動の監視を主とするチーフ・コンプライアンス・オフィサーの募集をしています。

他媒体ではHuobiが国内でのブランドイメージの発展を促進するデジタル・マーケティング・マネージャーの募集をしています。

CoinMarketCap(仮想通貨データサイト)によると24時間で11億ドルの出来高を処理したとして、Huobiは、プレスリリース時には世界第三位の仮想通貨取引所としてランクインしました。

CNNの報道によれば「ブロックチェーンの主要国」であるかのように、Huobiはカナダでの業務拡大をすでに行っています。Huobiカナダのジェネラル・マネージャーであるRoss Zhang氏は

「Huobiの最初のカナダ事務所をトロントに置くことは、ブロックチェーン産業を
より信頼の置けるものにするための手助けとなり、より多くの採択が今後もすぐに来ることになります」と述べています。

1月には、Huobiは米国サンフランシスコに支店をオープンしたことを明らかにしており、2ヶ月後にはFinancial Crimes Enforcement Network(アメリカ財務省金融犯罪取締ネットワーク:FinCEN)にマネーサービスビジネス(MSB)として登録し、仮想通貨から仮想通貨の取引が米国内でできるようにしました。

今月初頭にはHuobiラボ(同社ブロックチェーン・インキュベーター)は中国の海南行政区で10億ドルのブロックチェーン基金を設立するため、海南省のソーシャルネットワーキングプラットフォームのTianya Communityと戦略的パートナーシップを結んだことを明らかにしました。

ブラジルでのHuobiの存在は、同国内での競争激化を予想させます。ブラジル最大の仮想通貨取引所である「Foxbit」は今年初めにハッキングされ58ビットコインを損失し、プラットフォームのセキュリティの甘さを露呈しました。

既存の仮想通貨取引所のほかに、シンガポールを拠点とする企業は、仮想通貨取引所の運用開始準備が整っているブラジル最大手の投資会社であるXP Investimentosとの競争に参戦しなければならないかもしれません。双方の取引所がブラジルの通貨であるレアルを使用しての取引を可能とするのであれば市場はかつてない流動性を伴うことが予想されます。

Cryptocurrency Exchange Huobi Expanding to Brazil: Report