ICOは平均82%の利益をもたらしている:ボストン大学の研究者より

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ICOは平均82%の利益をもたらしている:ボストン大学の研究者より

新規仮想通貨公開(ICO)産業には多くの詐欺が蔓延している。しかしながら、ボストン大学のキャロルスクール・オブ・マネジメントの研究者が最近発表したところによると、ICOの平均的な投資家は未だにかなりの利益を得ているという。

「デジタル・チューリップ? 新規仮想通貨公開の投資家へのリターン」と題された54ページに渡る報告書では、合計120億ドルを調達した4,300件のICOを調査し、異なる時間枠でそのトークンの価値を追跡している。

研究によれば、平均的なICOはトークンの売り出し価格から仮想通貨取引所への上場達成後のオープニング価格までに179%上昇しており、平均保有期間はちょうど16日間となっている。

トークンが60日以内に上場できなければ買い手は丸ごと損失を被るが、投資家は平均してUSドルに対し82%の利益を上げている。

上場までICOトークンの購入を控えていた投資家が、どうにか大きなリターンを上げることに成功しても、価格は取引開始後の30日間で平均67%上昇している。

投資家がさらに長く保有すればリターンは莫大なものになり、90日間で140%、180日間で430%、そして360日間では1,880%も値上がりする。

しかしほとんどのICOトークンは1年間も取引されることはないことから、このような長期間を表すデータはほとんどないと、研究は伝えている。

研究者は語る:

「調査によると、ICOの投資家は規制のない仮想通貨公開という、新しい未開発のプラットフォームに投資することでかなりの報酬を得ています。

つまり、数は多くとも資本を失うという点では詐欺的行為は重要ではないのです。投資家は抜け目なくそれを見抜き、そしてICOを資金不足にできるのですから」

「研究結果はバブルの予兆を示していますが、投資家は規制のない仮想通貨公開という未開発の資金集めのプラットフォームに投資することで、リスクに対する高い報酬にこだわり続けるでしょう」

研究者は付け加えた。

報告書の著者の一人、ヒューゴ・ベネデッティがCCNに語ったところによれば、彼は特にメディアがICO関連の詐欺に注目している中でこの発見をしたことに「驚嘆した」という。

しかしながら、これが産業界の進展に何を意味するのかと問われた際、彼は最終的な結論を出すことをためらっていた。

「そうですね、それは答えにくい質問です。市場がこれまで通り資本を効率よく割り当て続けるという保証はありませんから。

思い返してみると、上場しても保証価格を下回って取引されたICOのように、期待したほど成功しなかった事例も多くありますが、平均すればこの業界へのリターンはほとんどがプラスだったのです」

彼は語った。

Average ICO Investor Makes 82 Percent Profit: Boston College Researchers