イタリアの経済的落ち込みは、ビットコインの価格上昇につながる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イタリアの経済的落ち込みは、ビットコインの価格上昇につながる

新たな経済危機が仮想通貨市場を回復させたのかもしれない。EUの経済基盤に亀裂が走り、そこに焦点を当てた政治情勢が危うい中で、イタリア経済が揺らいでいる。

イタリア経済が落ち込む中、ビットコイン価格のトレンドが上昇

イタリア国債は暴落中で、株式市場にも否定的な雰囲気が漂っている。しかし世界的な金融市場が停滞している中、ビットコインはようやく再び日の目を見始めている。

ユーロに対する潜在的な不安によって、ビットコインのような非中央集権型通貨の利点が強調され始めたことに関係があるものと思われる。

その日のそれより前に5月の最安値まで下落した後、ビットコイン価格は現在7,400ドルを超えて取引されている。

回復の理由

仮想通貨市場は回復の理由を探し続けてきた。そして我々の多くは、世界の中央政府がそれを促進してくれるのを見守っている。

一方、仮想通貨市場のメカニズムはうまく機能し続けており、非中央集権型の世界がとても強固であることを強調することで、たとえささやかな取引量であっても、市場の低迷を解消してきた。

ビットコインと他のアルトコインは中央銀行ではなく大衆によって管理されるデジタル通貨の強みを再び証明している。

イタリアの危機はユーロに多大な圧力を与え、このヨーロッパの共通通貨はUSドルに対しここ数か月間の最低レベルにまで落ち込んだ。ヨーロッパ第3の経済圏がブリジット(イギリスのEU離脱)を目論んでいる最中、イタリア国債も同様に売り払われた。

ビットコインのような非中央集権型通貨が、ヨーロッパの共通通貨が不安定な時にさらに魅力的に映ったのだ。

ビジネス・インサイダーで、ファンドストラットのトーマス・リーは仮想通貨市場の反応を歓迎している。

「ある程度までは、ビットコイン価格が金と一緒に値上がりするのは良いことです。

イタリアや世界経済がその反対に向かっていることで、投資家はリスクを避けるでしょうから。リスクを避けたい時には、ビットコインが経済状況に無関係の取引だと考えたいですね」

ラテンアメリカのベネズエラ経済を例に取るとしよう。ベネズエラの経済状況はその地域特有のもので、ハイパーインフレ、食糧危機、そして政府の崩壊が組み合わさった結果、通貨の価値は暴落した。

最終的に、ベネズエラの通貨は4月半ばに記録的なペースでビットコインと取引され、1日で「ボリビア(ベネズエラの通貨単位)からビットコイン」への転換が100万ドルを超えたのだ。

EUにおけるイタリアの運命はまだ定かではなく、今後数か月以内に解散総選挙が行われると予想されている。

ところで、恩恵を受けているのはビットコインだけではない。イーサリアムリップルビットコインキャッシュ、そしてライトコインといった他の主要なデジタル通貨もすべて2%から4%上昇しており、カルダノに至っては10%近くもの高騰を見せた。

Italy’s Economic Pain Is the Bitcoin Price’s Gain