EOS ICO、年1回のクラウドセール後に40億ドルに近づく

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブロックチェーン・プロジェクトEOSの新規仮想通貨公開(ICO)は、1年間のトークンセールの終了が近づくにつれて総額が40億ドルに近づいている。

ウォールストリートジャーナル紙の報道によると、EOSクリエイターのブロック・ワン(Block.one)は、2017年6月26日に始まったICOの終了である2018年6月1日の協定世界時22:59:59 にまでに42億ドルを調達する予定である。

Block.oneは、特に初期リリース後にEOSソフトウェアを開発したり維持したりすることはないと主張しているため、資金で何をしようとしているのかについては多少不透明であった。

しかし、同社はEOSプラットフォームを活用するプロジェクトの開発を支援するために開始したベンチャーキャピタルファンドに対してすでに数億ドルを投じている。

EOS ICOは、355日間の期間が主要なブロックチェーンプロジェクトの最長期間であることもあり、最も収益性の高いトークンセールからは遠ざかっている。 Block.oneは、最初の5日間のクラウドセール中に1億8,500万ドルを調達した。

この数字は、EOSを他のICOと比較してランキングするときによく使用される。それにもかかわらず、完全なEOS クラウドセールは、他のどのプロジェクトよりも2倍以上の向上をもたらしました。

次の最高額は、200人未満の投資家のグループに限定してプライベートセールで17億ドルを調達したと主張している、暗号化メッセージングアプリケーションプロバイダのテレグラムに属する。

同社は当初、公売を予定していたが、ICO業界を取り巻く規制の不確実性から、これらの計画はキャンセルされたと伝えられている。

EOSソフトウェアは、6月上旬にリリース予定だが、ダニエル・ラリマー(Daniel Larimer)氏が率いる開発チームがその目標を達成できるかどうかについての疑問がつのるばかりだ。

CCNが報告したように、中国のセキュリティ研究者は最近、EOSコードベース内で「大規模な脆弱性」と呼ばれるものを特定した。少なくとも1つの特定の問題が修正されたが、まだ発見されていない他の深刻なバグが存在する可能性があることを懸念してEOSの価格は下落した。

EOS(イオス)とは?基本情報 EOS(イオス)は、高速トランザクション処理を可能にするEOS.IOというソフトウェアを開発するた...

EOS ICO Approaches $4 Billion after Year-Long Crowdsale