仮想通貨(コイン)の BeanCash(ビーンキャッシュ/BEAN)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBeanCashの価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

BeanCashとは?基本情報

ビットビーンはいったん開発者が開発を諦めたものの、有志によって復活した仮想通貨です。復活時にロゴだけではなく名前も新調し、現在ではBeanCash(ビーンキャッシュ)と呼ばれています。

公式のビーンキャッシュの通貨単位はBEANですが、いまだにチャートでは過去に使われていたBITBと表示されています。ここでは、チャートと同じように、ビーンキャッシュの通貨単位はBITBと表記します。

ビットビーンが初めて開発されたのは2015年2月13日であり、ビットコインの配布が始まったおよそ6年後です。その後、開発者が代わったあとで、ビーンキャッシュの名が与えられました。

ビーンキャッシュは比較的新しい仮想通貨であり、価格も低いままで推移しています。また、流通量も多くないので、今はビットコインのように買い物で使えることもありません。しかし、いったん開発が中止されたものを復活させる、非常に優秀な開発者たちがビーンキャッシュを作っています。そのため、今後流通量が増加し、価格が上昇する可能性はあります。

BeanCashの特徴・仕組み

ビーンキャッシュは以下の特徴を持っています。

  • 安全性の高さ
  • 送金にかかる時間が短い
  • 送金手数料が極めて安い
  • マイニング報酬が大きい
  • 純粋な通貨としての利用を目指している
  • 開発者が非公開

ビーンキャッシュがビットビーンだった時代は、通貨の単位はBITBでした。しかし、名前が変わると同時に、通貨の単位はBEANに変化されました。ただ、取引所のチャートでは、いまだにBITBと表記される場合があります。

安全性が極めて高い

ビーンキャッシュはブロックサイズが非常に大きいので、大量の送金履歴が残されます。そのため、不正利用はしにくく、信用度が大きい仮想通貨の1つです。また、ブロックチェーンのデータ量が多くなるシステムを採用しており、開発陣はトランスアクションごとの計算量を多くしようとしています。

送金にかかる時間が短い

仮想通貨で取引をするためには、ブロックチェーンを解析し新たなブロックをつけ足す計算が必要です。この解析には莫大な計算量が必要なため、大型のコンピューターが使用されています。

ビーンキャッシュはブロックチェーンに関する計算が速くできるようになっているので、非常に早い時間で送金を完了することができます。送金にかかる時間が短いので、リアルタイムでの仮想通貨の取引がビーンキャッシュでは可能です。

送金手数料が極めて安い

ビーンキャッシュの大きな特徴として、送金手数料が極めて安いことがあげられます。ビーンキャッシュの送金手数料は、わずか0.01BITBです。送金手数料が安いので、ビーンキャッシュで取引をする際には、手数料のことを気にする必要がありません。

マイニング報酬が大きい

ビーンキャッシュの発行枚数は、500億枚と決まっています。しかし、現在のマイニング報酬は非常に大きく、ステークに成功すると一度に1000BITB受け取ることができます。これは、より多くの人がビーンキャッシュの取引を行い、市場に流通させることが目的とされています。

投資目的としては、マイニングに参加して多くのビーンキャッシュを手に入れていると、将来的に値上がりしたときに多くのキャピタルゲインを得ることが可能です。

純粋に通貨としての利用を目指している

ビーンキャッシュは投資目的ではなく、現代の紙幣や貨幣に代わる通貨としての流通を目指しています。そのため、発行上限数が多めに設定してあり、マイニング報酬も大きくして、より多くの人がビーンキャッシュのユーザーになるようにしています。

また、安全性が極めて高い仮想通貨であることから、法人に利用してもらうことも想定してビーンキャッシュは作られています。ビーンキャッシュの送金手数料の安さも、法人の利用を想定して考えられたものです。

開発者は非公開

ビーンキャッシュの開発者は、子供や家族の安全を守るという点から、非公開にされています。現在のところ、ビーンキャッシュの開発チームは3名で構成されています。

BeanCashの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日 : 2015年2月18日
  • 取引開始価格 : 0.000048$
  • 直近価格 : 0.011232$
  • 最高価格 : 0.042495&(2018年1月6日)
  • 最低価格 : 0.000017$(2016年6月23日)

ビーンキャッシュが開発されたのは2015年2月13日ですが、仮想通貨の市場に登場したのは2015年2月18日です。取引が開始されてからしばらくの間は、価格は低い状態で推移していました。

ビーンキャッシュは2018年の初頭に価格が大きく上昇し、その後は緩やかに下降しています。

BeanCashの買い方・売り方・購入方法・取引所

BeanCashの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

BeanCashの将来性

ビーンキャッシュは投資目的の仮想通貨ではなく、新たな通貨として開発されました。そのため、今後広く使われる可能性はあります。

また、安全性が極めて高いことは、大きな需要を生み出す要因ともなります。今後、価格変動が落ち着いてくることがあれば、ビーンキャッシュが広がる期待ができます。

BeanCashの最近のニュース・最新情報・今後の予定

仮想通貨は種類が多く、開発者は機能をつけ足すことによって差別化を試みています。ビーンキャッシの開発者は、送金にかかる手数料の安さや、安全性でビーンキャッシュと他の仮想通貨との差別化をしています。

ビーンキャッシュはマイニング報酬が高く、1単位あたりの価格は高くありません。一攫千金を狙うよりは、送金手段の確保としてビーンキャッシュに手を出すのもいいかもしれません。

BeanCash(ビーンキャッシュ/BEAN)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる