ベンチャーキャピタル勢力は強気な賭けをする:ビットコインは悲壮な買い圧力

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブロックチェーン・キャピタリストのスペンサー・ボガート(Spencer Bogart)氏は、ビットコインの長期的展望を信じているが、彼はアルトコインにはあまり期待していない。

ビットコインが8,000ドルを下回り、2017年第3四半期以来の最悪の3週間のパフォーマンスに苦しんでいるという事実にもかかわらず、いま撤退するのはまだ早計だと考えている。

元エクイティ・アナリストのボガート氏は、投資家は間違っており、ビットコインがアルトコインよりももっと買われてもいいはずだとCNBCに語った。

「これまでの良い流れが変わってしまったので、私はビットコインで強気にならないだろう。しかし、長期的な信頼はまだ衰えていない」

ボガート氏は、ビットコインは短期的には逆風に見舞われるかもしれないが、ビットコイン取引が再び上昇に転じるまでの踊り場は1年だと付け加えた。

ボガートは、短期的にはビートコインの価格がどのように伸びるのか予測できないと認めており、ビットコインの強気論者がこれまでに急上昇を予測していたため、彼は仲間内ではもてはやされていた。

しかし、今後1〜2年を見てみると、ビットコインの運用事例がより明確になるだろう。例えば、彼は、ビットコインが命脈を保つための触媒として、ベネズエラのような国々で展開されている通貨危機と相まって、ビットコインの制度化によりさらなるワンツーパンチを予期している。

ビットコインの将来の兆候には、5月中旬のブロックチェーン週の堅調な成績と、顧客のための主要デジタル通貨での取引のサポートなど、何らかの方法でブロックチェーンを運用しようとしている大手銀行が含まれる。

ボガートの本

ボガートはビットコインに対して強気だが、主要なアルトコインを上回る格付けを置いておらず、実際には特定のコインは「売り」であると信じている。

彼はEthereum(イーサリアム)を「ホールド」と評価し、ネットワークにリンクされたICOコインを取り巻く潜在的な逆風を指摘する。 「これらのトークンは過大評価されている」と、彼はイーサがイーサリアムネットワークに勢いを与える燃料であると指摘した。

ETH(イーサリアム)に加えて、ボガート氏はRipple(リップル)、ロジャー・バー(Roger Ver)氏のお気に入りのBitcoin Cash(ビットコイン・キャッシュ)EOS(イオス)に 「ホールド」レーティングを付けている。

彼はCardano(カルダノ)TRON(トロン)IOTA(アイオタ)NEO(ネオ)は過剰買収されていると考えているため、これらのアルトコインには「売り」格付けをしている。 TRONは、Ethereumブロックチェーンからそれ自身のMainNetへの移行が間近に迫っている。

見返りは何か?

ビットコインの短い歴史の中でも証明済みのことが1つあるとすれば、それは揮発性の資産だということだ。

早い時期から暗号通貨に関わっていた市場参加者は、最近の価格圧力が目新しいものではないと知っている。しかし、CNBCのパネリストが指摘しているように、この弱気市場を特別にしているのは、より広範な暗号通貨市場のための314億ドルの時価総額であると指摘している。

ボガート氏は、この市場の落ち込みの主な違いは、市場参加者はビットコインがもう消滅したりしないことを改めて再確認する必要がなくなったことである。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Venture Capitalist Makes a Bullish Call: Bitcoin is a Screaming Buy