国税庁:日本の暗号投資家が昨年出した利益は少なくとも100万ドル

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国と日本の主要メディアである中央日報および日経は、日本の国税庁(NTA)が、日本の暗号通貨部門は331人の投資家が取引により百万ドルの利益を計上し、総額3億3,100万ドル以上を生み出していることを把握している、と報告している。

暗号通貨税を追徴

NTAは、2017年末までに日本の2,198万人が政府に414億円以上の税金を納めたと報告した。 NTAは、昨年獲得した税金が、主に日本経済の回復基調により、2016年から3%以上増加したことを明らかにした。

政府に税金を納めた2,198万人のうち549人が、株式、資産、商品、財産への投資によってしばしば発生する100万ドルの非営業利益を計上した。 549人のうち、331人が暗号通貨投資家であり、日本の暗号通貨市場では100万ドルを超える利益を上げた。

2017年、日本政府、金融庁(FSA)およびNTAは、現地通貨当局が投資によって生み出された非営業利益の55%を課税すると発表した。今年2月、ブルームバーグ誌は、日本政府が、暗号投資の投資、特に4,000万円を超える個人を対象に、最大約365,000ドルで最大55%の課税意向を示唆したと報告した。

しかし、日本政府は、暗号通貨税に関する方針を明確にしておらず、投資家は暗号通貨市場に対する信頼を失っているとの心情を吐露した。

「政府は具体的な内容を明らかにしていないので、正しいかどうかは分からない」とブロックチェーン技術コンサルタントのコミヤ・ヒロユキ氏は述べている。

暗号通貨税

米国のような地域では、以前は税務署や地元の金融当局がコインベース(Coinbase)のような企業に対して、暗号投資家の投資家を追いかけて税金を徴収しようとした。

しかし、日本では、331名の投資家がすべて暗号投資から政府への収益を申告し、暗号投資家の自発的税申告に関しては楽観的であるとNTAは述べた。

それでも、業界の専門家の中には、その数があまりにも少ないと言及しており、多くの投資家が収益を申告しないことを選択したことが強調されている。

「2017年後半の暗号通貨セクターの急激な成長が考慮されるならば、331という数字は真実であるにはあまりにも低い。 暗号通貨投資家の大部分はおそらく彼らの収入を政府に申告していないだろう」

とあるアナリストは述べた。

韓国は後を追うのか?

昨年、韓国政府は地元の投資家が国内の新規仮想通貨公開(ICO)に投資して「リスクを最小限に抑える」ことを禁止した。

しかし、今年初めに、カカオとビットハム(Bithumb)が韓国以外のICOを行うと発表した際、適切な課税政策が策定されると、国内ICOを合法化するとの見解を示した。

「韓国政府は、他の先進政府によって制定された規制の枠組みや動向に従うこと以外に選択肢がない。

韓国の政府関係者は、暗号通貨に対する悪いイメージは確かに残っているが、政府の立場は韓国市場の利益のために許されなければならないことを許すことだ」

と述べた。

韓国は、すぐに日本の自主的な納税申告制度のロードマップを踏襲し、暗号通貨投資家が政府に収益を申告するのを支援する可能性が高い。

331 Japanese Cryptocurrency Investors Made at Least $1 Million in Profit Last Year: Tax Agency