ロシア中央銀行高官:「ブロックチェーン技術は未成熟」

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ロシア中央銀行の高官は、ブロックチェーン技術はセキュリティと規模を改善する必要があり、現在はまだ「成熟に達してない」と主張している。

ロシア副大統領オルガ・スコロガトワ(Olga Skorobogatova)氏は週末にサンクトペテルブルク国際経済フォーラム(St. Petersburg International Economic Forum)で講演を行い、ブロックチェーン技術に関するいくつかの指摘を行った。

現地の報道によると、中央銀行の関係者は、分権化された技術はまだ成熟しておらず、暗号通貨を除いて工業的規模では使われていないと主張した。

翻訳上の発言で、彼女はこう言った。

世界では、ビットコインを除いて、分散した元帳に大きな産業的解決策はまだありません…これは、技術がまだ成熟していないという事実によるものだ…セキュリティの観点からも、スケーラビリティの向上の点からしても、より一層の改善が必要だ

スコロボガトワ(Skorobogatova)氏は、ブロックチェーンアプリケーションを2つの大きなセクションに分割している。

電子商取引のようなオンライン機能を提供するブロックチェーンプラットフォームは、R3のCordaとリップル(Ripple)の恩恵を受けるだろう、と彼女は言った。

2番目のカテゴリには、イーサリアム(Ethereum)とオープンソースのHyperledgerソフトウェアを例に挙げて、正式な契約の機能を提供するオフラインプラットフォームが含まれている。

その大規模な工業規模での技術の実装の欠如は、企業や役員がブロックチェーン技術の移行と採用の価値をまだ理解していないという事実によると、政府高官は述べた。

それでも、スコロボガトワ氏は、世界が2018年に革新的技術の “実用的な理解”になると予測する前に、「技術のための技術は無意味です」と指摘した。企業は、工業規模でのブロックチェーン技術の適用を決断することができるだろう、と彼女は続けた。

ロシアビットコインの中央銀行

ロシア銀行は、暗号通貨を含む多くのアプリケーションのためにブロックチェーン技術を検討してきた。

中央銀行自身の「ブロックチェーンワーキンググループ」を率いる当局者からの声明は注目に値するが、スコロボガトワ氏は以前は技術によってもたらされた瞬間的な構造破壊という考えを批判してきた。

「すべての準備が整っており、コストを削減し、銀行の必要性をあきらめるというブロックチェーン神話は、単なる神話であることが判明した」

と同関係者は2016年後半に述べた。

しかし、スコロボガトワ氏は、ブロックチェーンに基づく国家の暗号通貨の可能性を公然と支持した最初のロシア中央銀行の役人であった。

2016年4月に、国家主導のデジタル通貨を開発するために秘密/公開ハイブリッド・ブロックチェーンを採用する可能性があったと、スコロボガトワ氏が述べた。昨年、ウラジミールプーチン大統領は、「クリプトルーブル」の開発作業を開始するように当局に指示した。

これは事実上、ロシアの全国的暗号通貨が合法的通貨となる。

最近の発言にもかかわらず、ロシア銀行はブロックチェーンを含む金融技術の育成と発展を目的とした規制プラットフォームを開発し、開始した。

この夏、ブロックチェーンベースの暗号トークンの販売であるICOトライアルを実行するために中央銀行プラットフォームが使用されることが、先週発表された。

また、ロシア銀行は、マスターチェーン(Masterchain)と呼ばれるイーサリアム(ethereum)ブロックチェーンプロトタイプを持つ国内銀行間で、SWIFTの代替手段として金融メッセージングシステムをテストした。

今週、中央銀行長エルヴィラ・ナビリィナ(Elvira Nabiullina)氏は、ロシアに制裁が課せられている時と場合には、当局が独自のSWIFT代替策を策定したことを明らかにした。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

Blockchain Tech Isn’t Mature Enough Yet, Says Russian Central Bank Official