レポート:ブロックチェーンプロジェクトの寿命は平均2年未満

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

近年では、暗号通貨業界に参入するブロックチェーンプロジェクトの数が急増しており、871個のICOが昨年60億ドル以上増加したのに対し、2016年にはわずか29件のICOが9,000万ドルに増加した。

今年も777個のICOがあり、ICOの勢いに乗る新興企業が後を絶たない。しかし、そうした企業すべてがうまくいくわけではない。

2008年のブロックチェーンの発明以来、世界中で8万ブロックのプロジェクトが立ち上げられており、中国政府からの報告によると、それらの8%しか現在も実質的に維持されていないことが判明した。

失敗したICOの92%は、プロジェクトのメンテナンスが停止するまでに平均1~2年間しか保たなかった。

産業情報技術省(MIIT)の科学研究機関であるCAICTのクラウドコンピューティングとビッグデータ研究所のヒ・バオホン(He Baohong)氏は、中国貴州省の2018年中国国際ビッグデータ産業博覧会で、これらのプロジェクトが短命に終わることについてコメントした。

(これらのプロジェクトの)立ち上がりは非常に早いが、停止するもの早い。

このような状況では、世界各国の政府は、ブロックチェーンプロジェクトを支援し実際のアプリケーションを実現するための統一基準を確立するため努力を加速している。

「われわれは中国で検証可能なブロックチェーンプログラムを確立しており、約200の民間企業が参加への意志を表明している」と同氏は付け加えた。

「(これは)ブロックチェーンとその業界がより透明かつオープンになるのに役立つ」

CAICTは、特に注目すべき6つの主要なトレンドを持つ、トップ10のグローバルブロックチェーン業界動向に関するレポートを発表した。

データフローの統合の増加とデジタル資産の成長の加速ペースは、イノベーションと開発が進むにつれて暗号通貨業界に現れつつある前向きなトレンドである。

CCNが報告したように、中国政府は最近公的ブロックチェーンプロジェクトの質を評価する報告書を発表した。

特に、ビットコインはプライバシー中心の暗号通貨であるヴァージ(Verge)と結びついてわずか13位にランクされた。当然のこととして、ランク付けは、ヴァージが2018年だけで悪意のあるマイナーによって2度目に攻撃された後、暗号通貨愛好家の間で多くの論争を引き起こした。

Average Blockchain Project Dies in Less Than Two Years: Report