イングランド銀行が銀行発行の暗号通貨の運営の可能性を再開

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イングランド銀行は、今年初めに計画停止の決定を発表したにもかかわらず、中央銀行が発行する暗号通貨計画の可能性をまだ残している。

ブルームバーグによると、イングランド銀行のマーク・カーニー(Mark Carney)頭取が中央銀行の将来についてストックホルムのパネルで語ったところによれば、中央銀行が発行するデジタル通貨を検討する予定だが、それは緊急の課題ではない、とブルームバーグは指摘する。

彼は、暗号通貨が現時点で通貨として機能していないという、以前の言及を再確認した。

金融システムへの影響に懸念

今年の初めに、同銀行は、金融システムが分裂する可能性があるために、銀行発行の暗号通貨は開始しないと述べた。 2015年に暗号通貨の調査を開始した銀行は、最終的に消費者が暗号通貨を選択すれば、商業銀行口座を閉鎖し、金融システムの混乱を招くと判断した。

同銀行はまた、銀行が管理する暗号通貨を導入した場合、金利政策を使用して財務の安定性を維持する能力を失うことに懸念を表明した。

イングランド銀行がブロックチェーンテクノロジーを追求

それにもかかわらず、カーニー氏は当時、中央銀行のためのブロックチェーン技術を導入することに利点があると述べた。彼は、財務の安定性をもたらし、多くのコンピュータ使用による電力使用を節約すると述べた。

イングランド銀行は4月に、顧客が安全なネットワーク上で情報を共有できるようにするためのコンセプトの分析方法についての証拠を発表した。この銀行は、ソリューションを開発するために、ブロックチェーンのサービスプロバイダーであるチェーンのサービスを取得した。

同銀行は、ネットワーク全体のデータを維持し、ユーザーのプライバシーを改善することは予備段階であると述べたが、これらの目標を達成する可能性は依然として存在する。

2016年、銀行はフィンテック企業とチームを組んで、「フィンテック促進(Fintech Accelerator)」プログラムを開始した。

これまで、リップル(Ripple)、ビットサイト(BitSight)、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)、エンフォースド(Enforcd)、ミニブリッジ・アナリティクス(MindBridge Analytics Inc.)と協力してきた。

Bank Of England Reopens The Possibility Of Bank-Run Cryptocurrency