仮想通貨取引依存? スコットランドの病院は仮想通貨中毒を治療

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

スコットランドのキャッスルクレイグ病院(Craig Hospital)は、ビットコインのような仮想通貨を取引している患者を治療し始めています。

ヘルスケアの専門家は、仮想通貨取引が行動嗜癖になる可能性があり、そのような中毒者は、取引したトークンの市場価値の刻々の変動を監視することに夢中になっていると言います。

West Lintonの施設では、仮想通貨トレーダーに対し、オンライントレーディングなしで生活する方法を教えつつ、ギャンブル中毒の治療に成功したテクニックを使用も併用しています。

病院のギャンブルセラピストであるクリス・バーン(Chris Burn)は以下のように語りました。

リスクが高く、変動幅が大きい仮想通貨の市場は、ギャンブラーに対し、興奮と現実からの脱出を与えます。

例えば、ビットコインの取引量は非常に多く、そこでは大きな利益と損失が生じています。これは典型的なバブルの状況です。

病院の別のセラピストであるトニー・マリーニ(Tony Marini)氏は、ギャンブルとコカイン中毒であった自身の経験から、中毒者が何をやっているのか、どうしてはまってしまうのかを理解したうえで、現実逃避しないための計画を一緒に立てます。

「自分自身で中毒を経験したことで、同じ問題を抱えている他の人たちへの洞察と共感がえられています」

とマリーニ氏は語りました。

addiction.comによると、100人のギャンブラーのうち3〜5人は、自身の中毒に悩まされており、これは仮想通貨取引を行っている人にも当てはまる可能性があります。

大部分の人々は、投資や投機をしているかもしれませんが、仮想通貨ギャンブルで家を失い、貯蓄も無くしてしまう可能性があります。

仮想通貨取引所であるBitgrailが数百万ドル相当のNanoを失ったとき、Redditのユーザーの中には大学資金を失った人もいました。

Anyone else addicted to crypto?”では、多くのユーザーが、自己制御の欠如、生活の質の問題、以前の麻薬中毒についてのコメントなどとともに、仮想通貨取引で不健全な習慣に陥ってしまうことについて議論しています。

マリーニ氏によると、仮想通貨取引は、中毒性のある人や現実逃避したいと考えている人に魅力的だそうです。しかし、この中毒治療プログラムが、仮想通貨取引と日々の生活とのバランスをとることで苦労している人々にとって効果的であるかどうかは、まだ分かりません。

Addicted to Trading? Scottish Hospital Treats Cryptocurrency Addiction