仮想通貨(コイン)の HEAT(ヒート)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のHEATの価格・時価総額・出来高

通貨名HEAT(ヒート)
通貨略号HEAT
公開日
システムProof of Stake+Proof of Presence
発行上限枚数2500万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

HEAT(ヒート)のローソク足リアルタイムチャート

HEAT(ヒート)とは?基本情報


HEATは、2016年7月に取引が始まった仮想通貨になります。

現在のビットコインや仮想通貨は、スケーラビリティの問題が広く指摘されています。

HEATは、ピアツーピアのクライアント・サーバーシステム(コンピュータをクライアントとサーバのそれぞれで役割分担して運用する方式。最も一般的なコンピュータの運用方式)で動作する仮想通貨です。

HEATで採用されている最先端テクノロジーは、イーサリアムなどの既存の仮想通貨第二世代の最も優れたブロックチェーンのメカニズムとインテリジェントを組み合わせることで、この問題を解決しようとするものです

ワークステーションまたはサーバー上で、HEAT Javaサーバーノードを実行すると、独自の暗号化操作に関わるセキュリティが強化され、HEATの分散ネットワークを維持する活動に参加することができます。

自身のHEATウォレット場で動作する、ネットワークを維持するノードを設置することで、PoS(Proof of Stake)による報酬に合わせて、ランダムな参加者に平均で25秒ごとに付与されるブロックストレージファイルネットワークであるProof-of-Presenceによる報酬の、両方の報酬を取ることができます。

HEAT(ヒート)の特徴・仕組み

HEATは、昨年からBitcoinを中心に大きな議論を巻き起こしてきた、スケーラビリティ問題に対処することを最大の目標に置いた仮想通貨になります。

その特徴は以下になります。

  • 第3世代仮想通貨
  • 無制限のスケーラビリティー
  • マルチシグ対応

第3世代仮想通貨

HEATのブロックチェーンは、経験的に拡張された非同期トランザクションの台帳を表し、暗号化とピアーツーピアによる全く新しい分散型アセット台帳のことです。

スピードを最適化し、カスタムプライベートチェーンを念頭に置いて設計されたHEATは、あらゆる規模のクラウドファンディングやIPOの手配に優れたソリューションを即座に提供します。

無制限のスケーラビリティー

HEATの無制限のスケーラビリティーは、使用されるハードウェアの性能によってのみ、その限界が決まります。

シングルブロックチェーンではなく一連のチェーンを活用し、埋め込みのデータベースを削除することで、HEATブロックチェーンは少なくとも常に1000tpsのトランザクションの処理を維持することができます

マルチシグ対応

HEAT独自の暗号化クライアントは、ビットコインキャッシュイーサリアムを含む主要な仮想通貨へのアクセスを提供します。

クライアントの分散型アプリケーション、インスタントメッセージング、およびマルチシグ機能により、HEATのセキュリティと最新機能が保証されます。

HEAT(ヒート)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年7月13日
  • 取引開始時価格:0.067017$
  • 直近価格   :0.236383$
  • 最高値    :2.15$(2018年1月8日) 取引開始時価格の約32倍!!
  • 最安値    :0.021172(2017年3月21日) 取引開始時価格から約70%下落!!

HEATは、2016年7月に取引が始まりました。取引開始当初はボラテイリティも低く、低調なまま価格が推移します。時折、大きな下落がおこり、2017年3月には取引開始時価格から約70%下落した最安値を記録します。

その後、安定的に価格を上げていきます。そして、2017年12月の仮想通貨相場全体の盛り上がりに合わせて、価格を大きく上げ、年明けの1月8日には取引開始時価格の約32倍となる最高値を記録します。

現在は、仮想通貨相場全体の下落により、大きく価格を落としていますが、今後の市況次第では最高値をさらに更新していくことも考えられます。

HEAT(ヒート)の買い方・売り方・購入方法・取引所

HEATの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
※HEATを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

HEAT(ヒート)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、徐々に注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと言われるネットワークを利用した通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

一方で、こういった流れの中で、多数の仮想通貨プロジェクトが並行して進められており、仮想通貨とブロックチェーン業界は非常に競争の激しい分野にもなっています。こういった中で、マーケティング領域や新しいテクノロジーの開発とともに、重要になってくるのが、認知度の上昇と利用者の増加です。

仮想通貨業界で最大の問題とも言われるこの問題にHEATがどのように対応していくのか、非常に重要なポイントであり、今後注視すべき点だと思います。

HEAT(ヒート)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後の具体的なロードマップは公表されておりません。

HEAT(ヒート)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる