仮想通貨(コイン)の Primas(プリマス/PST)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のPrimasの価格・時価総額・出来高

通貨名Primas(プリマス)
通貨略号PST
公開日2017年8月21日
システム-
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Gate
公式サイト

Primas(プリマス)のローソク足リアルタイムチャート

Primas(プリマス)とは?基本情報


Primasは、2017年8月に取引が始まった、比較的歴史の長い仮想通貨になります。略号表記はPSTです。Primasは、コンテンツの公開、推奨、および取引のためのオープンエコシステムです

Primasチームは、品質の高いコンテンツが、世間一般にほとんど認識されず、そのため、配信も、そこから収入を得ることもできないという問題を解決するために、ブロックチェーンなどの最新テクノロジーを利用して、コンテンツ市場を再構築することを目指しています。

分散型コンテンツのソーシングおよび推奨メカニズムにより、高品質のコンテンツがユーザーに提供されます。まったく新しいコンテンツ評価システムにより、質の高いコンテンツ制作者には、直接利益がもたらされます。

ブロックチェーンの改ざん防止機能により、著作者は著作権が保護されます。また、分散データ管理により、ユーザーのプライバシー保護も強化されます。

Primas(プリマス)の特徴・仕組み

Primasは、コンテンス産業を再構築しようとする野心的なプロジェクトです。Primasは、Ethereum上に構築され、キーロジックはスマートコントラクトを使用して実装されています。

その特徴は以下になります。

  • DTCP
  • ユーザーアイデンティティと信用評価
  • グループエコノミー

DTCP(Decentralized Trusted Content Protocol:分散型トラストコンテンツプロトコル)

信頼性は、既存のコンテンツ・エコシステムにとって不可欠な要素です。Primasは、この問題を解決するためにインターネットの上に新しいレイヤーを構築しようとします。

この層には、ブロックチェーンベースのインフラストラクチャと、分散型トラストコンテンツプロトコル(DTCP)という新しいプロトコルが含まれています。

DTCPの目的は、コンテンツ業界全体で利用されるコンテンツメタデータの標準になることです。

ブロックチェーンを使用して、不変のメタデータをコンテンツに追加することにより、DTCPはコンテンツに別の次元の情報を提供し、新しい視点でそれを理解するのに役立たせます。

DTCPメタデータには、パブリッシュ時間、作成者の詳細、オリジナルのコンテンツハッシュなどのプロパティが含まれているため、コンテンツをより本格的なものにします。

ユーザーアイデンティティと信用評価

すべてのユーザーは、Primasネットワークで一意のIDを持ちます。この独自のアイデンティティは、元のコンテンツを保護するための不可欠なステップであるクレジットシステムの構築を保証します。

また、偽の情報の広がりを無くし、無責任な発言を抑制するために、質の高いコンテンツコミュニティを構築するのにも役立たせられます。

Primasは、オリジナルの著者や読者のようなエンドユーザーだけでなく、メディアエンティティ、企業、その他のメディアプラットフォームをカバーする貴重なコンテンツのオープンエコシステムを構築することを目指しています。

コンテンツの質の評価

Primasはコンテンツ評価のための全く新しいオープンシステムを設計しています。

このシステムでは、コンテンツの評価は、クリックベースの計算だけでなく、社会的な推奨、コンテンツの普及、著者のクレジットなどの要素を総合的に測定して集中的で広範な価値評価を行うものです。

読者の行動の強さに基づいた、読者とコンテンツとの相互作用の指標は、レビュー、再投稿、再現のような昇順でランク付けすることができます。読者行動の強度が高ければ高いほど、コンテンツ評価への貢献度は大きくなります。

Primas(プリマス)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年8月28日
  • 取引開始時価格:0.375866$
  • 直近価格   :0.276422$
  • 最高値    :0.970915$(2018年1月8日) 取引開始時価格の約3倍!!
  • 最安値    :0.057427$(2017年10月15日) 取引開始時価格から約85%下落!!

Primasは、2017年8月後半に取引が始まりました。取引開始当初、価格が一時的に大きく上がりますが、その後すぐに下降し始めます。そして、10月15日には価格が大きく急落し、取引開始時価格から約85%下落した最安値を記録します。

最安値を記録した低調な価格帯で長らく推移しますが、2017年12月中旬の仮想通貨相場全体の大きな上昇に合わせ、価格を大きく上げていきます。

そして、年明けの1月8日には取引開始時価格の約3倍となる最高値を記録します。

現在は、仮想通貨業界全体の大きな落ち込みにより、価格を大きく下げておりますが、今後の市況次第では最高値を更新していくことも十分に考えられます。

Primas(プリマス)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Primasの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Gate
※Primasを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Primas(プリマス)の将来性

著作権や収益性が問題視されやすいコンテンツ産業と、改善ができず、所有を明確化できるブロックチェーンは、非常に相性がよく、この業界を飛躍させうる組み合わせだと思います。

Primasの今後は非常に楽しみであり、引き続き注視していくと面白いかもしれません。

Primas(プリマス)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Primas(プリマス/PST)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる