IOTA、ブロックチェーンの透明性を提案するため国連と提携

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

国連のサービスと技術諮問機関であるUNOPOSと、暗号通貨プロジェクトのIOTAは、IOTAのオープンソースの分散帳簿とTangleの技術を利用してプロセスを改善し、中間業者を排除するためのパートナーシップを発表した。

UNOPSのブロックチェーン・テクノロジー特別顧問であるヤマモト・ヨシユキ氏は、こう語った。

我々は、マシン、デバイス、センサー、人々が相互に接続し、コミュニケーションするビジョンを共有している。これは「インダストリー4.0」の世界だ。

これらのプロセスが仲介者を必要とせずに同時に動作できるハーネス技術は、組織としての使命を果たすスピードを速めることだろう。

UNOPSのIOTAへの関心の一部は、コミュニケーションとサプライチェーンのボトルネックを緩和するブロックチェーンを推進するオープンな技術だ。

国連の人道援助プロジェクトに力を与えるグローバルな組織として、UNOPSは厳しいアカウンタビリティ基準を遵守しており、IOTAの透明な元帳はこれを補完することができる。 UNOPSは2017年に18億ドルのプロジェクトを実施し、80カ国で事業を展開している。

彼らの使命はこのように規定されている。

UNOPSは、国連とそのパートナーが平和と安全、人道的、開発ソリューションを提供するのを支援する。

我々の使命は、人々がより良い生活を築き、国が平和と持続可能な発展を達成できるように支援することだ。我々のサービスは、インフラストラクチャ、プロジェクト管理、調達、財務管理、人的資源をカバーする。

IOTAはメッシュネットワークとして動作するタングル(Tangle)とも呼ばれる有向非巡回グラフ(DAGs)を実装している。

このプロトコルは、リソース集約型ではなく、ブロックチェーンの完全なコピーを持つすべてのノードに依存しないため、従来のプロトコルよりも優れている。代わりに、タングルプロトコルは、トランザクションを検証するためにお互いに依存するノードのネットワーク全体にこの作業を委託する。

IOTAは重要なパートナーシップを獲得している。 IOTAのInternet of Thingsプロトコルは、ビジネスプロセスをより効率的にすることに関心を持つ企業を引きつけた。

CCNが5月20日に報じたように、この新たなパートナーシップは、IOTA財団がこのプロジェクトに関する脆弱性を明らかにしたホワイトハットのセキュリティ研究者に提出した法的脅威のために、ロンドン・カレッジがIOTAとの関係を断つと発表した後に作られた。

近年、IOTAの価格(MIOTA)は着実に低下し、市場全体の動向を反映している。過去24時間で2.65%減の1.50ドルだったが、同じ期間にビットコイン(BTC)に対して2.84%の上昇となった。

IOTAは、現在、循環型の時価総額42億ドルで、第10番目に価値ある暗号通貨としてランクされている。

新しいIoTの技術を使っているIOTAは、今後IoT化が進むにつれて注目に値する通貨です。どのような特徴を備え、決算が行われていくのかを解説しています。また最近のニュースから、MIOTAの今後の可能性についても考察しています。

IOTA, United Nations Agency Partner for Blockchain Transparency Push