米司法省によるビットコイン価格操作調査Mike Nogovratz氏が肯定

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

億万長者であり元ヘッジファンドマネージャーのMike Novogratz氏は、ビットコイン価格操作調査している米司法省に対して、仮想通貨市場はその健全性を長期にわたって維持できるだろうと、好意的に語った。

Bloombergとのインタビューの中で、(2億5千万を保有する仮想通貨市場銀行ギャラクシーデジタルの創始者である)同氏は、増やされる監視の目は経済市場から不届き者を排除するのに役立つだろう、と語った。

「不届き者を排除するのは結構なことだし、市場の健全性を保つ目的としても効果があるでしょう

多くの取引で、コインを盛り上げようという目的の不正が数多く発生しています」

CNNが報道するように、仮想通貨トレーダーと他の市場参加者が他のコインと釣り合うように不正なビットコイン価格操作を行っていないかどうか、司法省は綿密な調査を行っている。

Novogratz氏の調査についての楽観的な意見は仮想通貨の金融街でも珍しいものではない。

仮想通貨取引ジェミニの共同創始者であるCameron Binklevoss氏は、同社は「どのような調査でも、秩序ある市場を育て犯罪を防ぐものならば」歓迎すると発表した。

偶然にも、ジェミニはナスダックと取引を終えた。リアルタイムで異常な取引パターンを見つけると警告する株取引者を監視する技術の使用許可である。

同様に、(ファンドストラット・グローバルアドバイザーの設立者である)Tom Lee氏は監査について「非常に歓迎できるニュースだ」と述べ、仮想通貨市場での「上位監督者」の存在が現れるだろうと語った。

ファンドストラットは、近年の不景気であってもビットコイン価格は今年度末までに2万5千ドルになるだろうと予想している。

この記事が書かれる24時間前(日本時間:5月24日午後3時)のビットコイン価格は横ばいだったが、1日続いたの乱高下にもかかわらず、主力仮想通貨は4時間で7,738ドルから7,331ドルにまで下落した。
ビットコインのBitfinexの現在価格は7,554ドルで安定している。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。
ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

DOJ’s Bitcoin Price Manipulation Probe a ‘Good Thing’: Mike Novogratz