仮想通貨(コイン)の AirToken(エアトークン/AIR)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のAirTokenの価格・時価総額・出来高

通貨名AirToken(エアトークン)
通貨略号AIR
公開日2017年10月10日
システム-
発行上限枚数14億9000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Hitbtc,Ether delta
公式サイト

AirToken(エアトークン)のローソク足リアルタイムチャート

AirToken(エアトークン)とは?基本情報

エアトークンとは、モバイル環境を便利にするために開発された、イーサリアムをプラットフォームとするブロックチェーン技術です。エアトークンを利用することで、モバイルデータの有効活用やモバイル間の資金のやり取りが容易になります。

また、エアトークンは発展途上国をターゲットにしています。発展途上国の多くは、料金や通信設備の問題があり、携帯電話が普及しづらい環境にあります。エアトークンは発展途上国をターゲットにしており、携帯電話が普及しづらい地域であえて売り込む予定です。

エアトークンはプロジェクト名になっているだけではなく、仮想通貨の名前にもなっています。仮想通貨としてのエアトークンの使い道は、2018年3月初旬現在で詳しく発表されていません。しかし、モバイルユーザーは、広告の視聴や宣伝などをして、エアトークンを獲得できる予定です。

また、エアトークンの開発チームはアメリカに拠点を置いています。チームには10名以上が所属しており、アドバイザーを含めると20名以上になります。開発チームにはデベロッパーだけではなく、マーケティングや財務部門を担当している人も在籍しています。

  • 仮想通貨名(単位) : AirToken (AIR)
  • 公開日 : 2017年9月19日
  • 最大供給量 : 1,491,492,558 AIR
  • 流通量 : 1,050,000,000 AIR(2018年3月11日現在)
  • 公式サイト : https://www.airtoken.com/

AirToken(エアトークン)の特徴・仕組み

エアトークンは、発展途上国のモバイル使用に特化しています。そして、エアトークンに参加すると、非常に多くのことを行えるようになります。

エアトークンの大きな特徴は以下になります。

  • 資金を短時間で借りることができる
  • 最大のターゲットは金融機関で口座を持っていない人
  • トークンは株式のような役割が大きい

資金を短時間で借りることができる

エアトークンの大きな特徴として、金融機関の窓口を通さずに、信用力が低い個人や企業でもお金を借りられることがあげられます。エアトークンのアプリを使用することで、プラットフォーム内での信用力を上げることができます。そして、獲得された信用力に基づいて、資金の貸し借りが行われます。

資金の借り手は、自分の信用力に見合った金額の融資をすぐに申し込むことができます。また、資金の貸し手には、借り手の個人情報が公開されることはありません。

また、資金の貸し手は金融機関などではなく、エアトークンのアプリを使用している個人になります。貸し手は借り手の信用力を独自に判断し、融資するか否かを決定します。また、クラウドファンディングのように、複数の人から少額ずつお金を借りることも可能です。

最大のターゲットは金融機関で口座を持っていない人

エアトークンのメインターゲットは、発展途上国の個人やビジネスです。しかし、最大のターゲットとされているのは、何らかの事情により金融機関で口座を開設していない人たちです。

発展途上国では、近場に金融機関がなかったり必要な書類をそろえることができないなどの理由で、多くの人が口座を保有していません。実際、世界銀行の調査では、2015年の時点で20億人以上の成人が口座を持っていません。

エアトークンは金融機関で口座を作ることが難しい人をターゲットとし、普及に努める予定です。口座を持っていない人も現金は保有していることが多く、資金がエアトークンのプラットフォームに流れることで、大規模なビジネスに発展する予定です。

トークンは株式のような役割が大きい

エアトークンは、独自のトークンを発行しています。しかし、プラットフォーム内ではドルやユーロなどの通貨も使える予定であり、トークンの使用はメインにされていません。

エアトークンが発行された理由としては、プラットフォーム発展のための資金調達があげられます。実際、エアトークンのICOでは最大供給量の7割以上のトークンが販売され、開発チームは6億円以上の資金調達に成功しました。

AirToken(エアトークン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 公開日 : 2017年9月19日(CoinMarketCapで確認できるのは2017年10月11日)
  • 開始価格 : 0.016108$(2017年10月11日)
  • 最高価格 : 0.091153$(2018年1月9日)
  • 最低価格 : 0.00454$(2017年11月14日)
  • 現在価格 : 0.01163$(2018年3月11日現在)

CoinMarketCapでエアトークンの価格が確認できるのは、2017年10月11日からです。しかし、実際には2017年9月19日にICOが開始されており、エアトークンは公開されていました。CoinMarketCapでは、エアトークンの開始価格は0.016108$です。

エアトークンの公開直後の価格は、一時的に上がることがあったものの、徐々に下降してしまいます。そして、2017年11月14日には、最低価格の0.00454$を記録します。

エアトークンの価格は、2017年12月後半から上昇し始めます。そして、2018年1月9日には、開始時の5倍以上である1AIRあたり0.091153$まで上昇します。ただ、最高を記録した後、価格は再び下降してしまいます。そして、現在は開始時より低い、0.01$程度で取引されています。

AirToken(エアトークン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

AirTokenの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Hitbtc,Ether delta
※AirTokenを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

AirToken(エアトークン)の将来性

エアトークンの開発チームは非常に質が高く、大規模なプロジェクトに向いています。また、エアトークンの潜在顧客は多く、大きな利益を上げられる可能性があります。

ただ、他の仮想通貨プロジェクトでも、エアトークンに類似したサービスを提供しているものは多いです。他のプロジェクトにはない強みを打ち出し、多くの顧客を獲得することが、エアトークンが成功するための鍵となります。

AirToken(エアトークン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

エアトークンは、まずブラジルにモバイルアプリを投入し、改良や成果確認をする予定です。その後はデスクトップアプリの開発や、サービス提供地域を増やす予定にしています。

AirToken(エアトークン/AIR)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる