マーチャントはCoinGateを通じライトニングによる決済が近日可能に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨の決済ネットワーク・ノードであるCoinGateは、ビットコイン・ライトニング・ネットワーク(Bitcoin Lightning Network)による決済をプラットフォームで開始する予定だ。

同社がRedditに公開したアップデートで説明したように、同社は現在この技術をテストしており、ユーザーはテストに参加するよう招待されている。

このリトアニアの企業は、ビットコインとアルトコイン決済を受け入れ、ペイアウトとしてBTC、EURまたはUSDに両替できることにより、全世界4000以上のマーチャントにサービスを提供している。

ライトニング・ネットワークを利用することで、マーチャントは取引手数料を削減して瞬時に支払いを受け取ることができる。

CoinGateはしばらくの間、ライトニングの統合を準備している。 2017年には、Segwitアドレスの初期実装者であったため、scriptSigの順応性の問題が修正され、ライトニング・ネットワークの実装がより簡単になった。

同社は、システムの安定性を確保するために 再度テストを実施しており、サンドボックスでのライトニングによる決済処理を試している。ライトニングは現在テストネット上で利用可能だが、サービスのテストを希望するマーチャントの選択されたグループと共に、今から3ヶ月後にメインネット上でライブ パイロット統合(試験的統合)を実行する予定である。

コミュニティーにリリースされたテストネット版は、ネットワーク内のバグやCoinGateでの実装のフィードバックやテストを収集するためである。

CoinGateの担当者はBitcoin Magazineに、「ライトニング・ネットワークはビットコインが必要なスケーリング レイヤーである」と語った。

決済プロセッサとして、CoinGateは、安価取引手数料は、多くの人々がプラットフォーム上でビットコインとアルトコインによる決済処理ができるようになることを意味するため、トランザクション数の増加を期待している。

瞬時に支払いを受け取れるのは、「オンラインと小売店舗でのビットコイン決済の利便性に大きな影響」を与えるであろう。

Thaddeus Dryja氏とJoseph Poon氏はビットコイン上に構築されたソリューションとして、2015年のホワイトペーパーでライトニング・ネットワークを最初に提案した。ネットワークの目標は、ビットコインを日々の取引やマイクロペイメントに役立つ日々使用できる通貨にすることである。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Merchants Will Soon Be Able to Accept Lightning Payments Through CoinGate