仮想通貨(コイン)の Farad(ファラッド/FRD)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のFaradの価格・時価総額・出来高

通貨名Farad
通貨略号FRD
公開日2017年9月11日
システム
発行上限枚数16億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Hitbtc,Ether delta
公式サイト

Farad()のローソク足リアルタイムチャート

Farad(ファラッド/FRD)とは?基本情報

Farad(ファラッド)は、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンを元に開発された、「Cryptoken」と呼ばれるトークンです。

2017年8月にドバイ国際金融センターのザ・リッツ・カールトンで正式に開始され、今日の市場に導入されました。 Farad(ファラッド)は、最新の技術革新の2つをキャプチャするユニークな暗号化方式を用いています。

エネルギー貯蔵とインターネットと電気通信という最も有力な産業の2つを組み合わせています。開発チームはドバイに拠点を置き、会長およびCEOのWan M. Hasniを中心とする計10人で構成されています。仮想通貨記号は「FRD」です。

Farad(ファラッド/FRD)の特徴・仕組み

Farad(ファラッド)にはこのような特徴があります。

  • Farad ultra-capacitor(ファラッド・ウルトラ・コンデンサ)
  • Automatic execution of contracts(契約の自動実行)

Farad ultra-capacitor(ファラッド・ウルトラ・コンデンサ)

Farad(ファラッド)・ウルトラ・コンデンサのユニークな特性の中には、すべてのウルトラ・コンデンサの最高出力密度と最速立上り時間を備えた、世界最小または最薄のものが含まれます。

これは、バッテリから得られる電力レベルの100倍を供給することができ、所与の体積に対して従来のコンデンサよりも100倍多くのエネルギーを貯蔵することができるというものです。

Farad(ファラッド)・ウルトラ・コンデンサは、ワイヤレス通信、ポータブルパワーツール、自動車、ソリッドステートディスク(SSD)、IoT、ロボティクス、医療、軍用武器、モバイル推進、さらには電気と携帯用電源の範囲全体に適用できます。

Farad(ファラッド)ウルトラ・コンデンサの製造工場は、広西チワン族自治区の梧州市にあり、第一段階生産面積は2万平方メートルです。

Automatic execution of contracts(契約の自動実行)

Farad(ファラッド)を用いた契約は「自動化」されたトラック上で実行され、これにより、両方の当事者が契約の実行を実行システムに委任することができます。

Farad(ファラッド)の特徴は”透明性、責任、アカウンタビリティ”です。 取引の実行は、すべての項目が全員に完全に透過的である公共環境のもと行われます。 さらに責任は明確に定められており、各当事者は約束を守ることが必須となります。

Farad(ファラッド/FRD)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日 :2017年11月8日
  • 取引開示価格:0.098697USD
  • 直近価格  :0.035317USD
  • 最高値   :0.206282USD(2017年11月25日)
  • 最安値   :0.030804USD(2018年2月12日)

2017年11月の取引開始以降、平均的い0.05〜0.1USDの間で乱高下を繰り返していましたが、2018年1月から徐々に価格を下げ、現在は取引開示価格よりも下回っている状態です。

最高値は0.206$を記録し、取引開始価格から2倍以上の高騰となっています。

Farad(ファラッド/FRD)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Faradの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Hitbtc,Ether delta
※Faradを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Farad(ファラッド/FRD)の将来性

Farad(ファラッド)は、現実の工場活動の中でハイエンドのウルトラ・コンデンサの製造を通じた実際の経済活動とキャッシュフローに支えられているため、他の暗号化通貨とは別物です。

Farad(ファラッド)の代表的なエネルギー貯蔵革新は、これらのウルトラ・コンデンサの製造および供給で​​あり、ブロックチェーンは、Ethereum(イーサリアム) ERC20スマートコントラクトに基づいています。

Farad(ファラッド)プログラムの会長兼CEOの歓迎スピーチで、 Wan M Hasni博士は次のように話しています。

「Farad(ファラッド)は強力な経済ファンダメンタルズを持ち、現時点で市場で入手可能な暗号化通信の中で初めてのものです。私たちの目標は、Farad(ファラッド)ウルトラ・コンデンサ製品製造プロセスの初期段階への参加を絞り込むことによって、暗号コンデンサ所有者のウルトラ・コンデンサ市場へのユニークで安全なアクセスを可能にすることです。」

Farad(ファラッド/FRD)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後の発展として考えられるFarad(ファラッド)のスマートコントラクトの課題は、「オープンエンド」の一部を閉鎖することだけです。その過程は以下のように進められます。

  1. 生産プロセスからのブロックチェーンへのプッシュデータをさらに排除する。
  2. 生産プロセスの収益フローとエスクロー元帳からのプッシュデータのニーズをさらに排除する。
  3. ブロックチェーン内のガバナンスと監査機能を開発して、誰でも(ブロックチェーンプロセス内で)リアルタイム監査(市場の透明性)を実行できるようにする。
  4. バリューチェーンとサプライチェーンのプロセスをさらに発展させてブロックチェーンのエコシステムに統合する。
  5. サプライチェーンおよびバリューチェーンパーティーの「エンドユーザー」がFarad(ファラッド)エコシステムから生産された製品および関連製品に関連する取引の通貨としてFarad(ファラッド)暗号を使用することができるよう、さらに発展させる。

Farad(ファラッド)の最新情報や詳細については、SNSを参照してください。

Twitter: https://twitter.com/faradcryptoken

Facebook: https://www.facebook.com/faradcryptoken/

Farad(ファラッド/FRD)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる