バンク・オブ・アメリカ、ブロックチェーンセキュリティツールの特許を取得

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

バンク・オブ・アメリカは、許可されたブロックチェーン・ネットワークの特定の側面へのアクセスを制御する方法について特許を取得した。

セキュリティのトークン(物理的な有価証券に似せたブロックチェーンベースの資産とは別の本質的に電子キー)が、特定のブロックに格納されている情報への特定のユーザーへアクセスを許可するためにどのように使用されるかを説明している。

文書によれば、いくそのシステムは自動化され、実質的にはネットワークそのものが許可してアクセスを追跡する。

バンクオブアメリカは、米国特許商標庁(USPTO)によると、5月22日に特許を取得した。近年、多くのブロックチェーン関連の申請書を提出しているこの銀行の最新の知的財産開発に対する姿勢を象徴している。

バンク・オブ・アメリカがネットワークを介して送信しようとする情報の機密性を考えれば、セキュリティとデータのプライバシーに重点を置くことはおそらく驚くべきことではない。

また、秘密鍵を悪意のあるなりすましから安全に保つ必要があることを考えると、今日の暗号スペースではセキュリティの広範な問題にも言及している。

バンク・オブ・アメリカ自体が特許文書に注記しているように、「分散型/非集中型ブロックチェーンネットワークの出現に伴い…リソースブロックの制御を管理するシステムを開発する必要性が存在する」

バンク・オブ・アメリカはこう説明した。

指定されたユーザの関心事に関連するブロックを容易に識別する能力を指定団体・ユーザに提供する必要があり、ブロックが識別されると、そのブロックにアクセスしている指定されたエンティティ/ユーザが、実際には、許可されたユーザーである。

このテキストによれば、自動化された機能は、ユーザーがプラグインする理由の範囲に応じて、特定の期間、ブロックチェーンネットワークへのアクセスを許可する機能を備えている。

さらに、例えば、指定されたエンティティにアクセスを許可され得る期間および/または許可されるアクセスの量の制御など、指定された団体/ユーザに与えられるアクセスを制御する必要性が存在する、と述べている。

Bank of America Patents Blockchain Security Tools