ウォルマート、ブロックチェーンをベースとしたデジタル市場の特許を取得

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

最近米国特許商標庁(USPTO)が提出した申請書類は、ウォルマートが小売買い物客向けのデジタルサービスを拡大する取り組みの一環として構想したブロックチェーンベースの枠組みを概説している。

ウォルマートのブロックチェーン提案

2017年に提出され、2018年5月17日に承認されたこの文書は、知的財産の保有を拡大するためのデジタル技術を採用するウォルマートの提案の一例であり、パーセルトラッキングシステムからIoTに至る数多くの特徴を備えた印象的な流通システムに追加されている。

この文書によれば、ウォルマートの提案システムは、顧客が持ち込んだ小売製品の追跡を可能にする。

これは、顧客(倉庫または小売店)が購入後に製品を「登録」し、ウォルマートのフレームワークをデジタルマーケットプレイスとして使用する一方で、再販のために定義された価格を選択することによって達成される。

特許の記載内容によれば以下のようになっている。

実店舗の小売業者が顧客の経験を向上させることができる新技術を先取りするインセンティブとしての『非伝統的なショッピングメカニズム』による競争の激化

さらに、この特許は、個々の顧客が限られた期間にわたってアイテムを頻繁に使用し、後にそれを販売したいので、イノベーションが小売業者に限定されないことを規定している。

しかし、これは、顧客が「次の再販を手配するために自分のデバイスに残されている」ため、販売をどのように実行するかについての意識が低いことを意味する。

ウォルマート

ウォルマートは、ブロックチェーンをベースとしたデジタル市場の特許を出願している。

しかし、特許に記載のあるプラットフォームは、Webブラウザ、モバイルプラットフォーム、または物理的なPOS(point-of-sale)などのさまざまなインタフェースを包含しながら、「後に商品の再販を大幅に容易にし、楽にするための追加サポート」を提供すると言われている。

この提案は最近提出された特許と類似しており、小売業者のブロックチェインを介して一連の配送車を強化するという意向を述べている。

しかし、最新の特許は、製品が一括して購入され、顧客に販売され、宅配業者によって処理されるたびにすべてのトランザクションを更新する「配信された配信記録ブロックチェーン」を詳述している。

ブロックチェーンメカニズム

取引を行うために、売り手と宅配業者は自分の秘密鍵を提供する必要があります。一度一致すると、トランザクションはネットワークに即座に配信されますが、ブロックチェーンに追加される前に、買い手、売り手、および宅配業者からの確認が必要な場合がある。

その後、購入者がパッケージを収集すると、宅配業者は、受取りを確認するために秘密キーを利用し、ブロックチェーンをトランザクションで直ちに更新し、購入サイクルの終了を記録することを求められる。

しかし、ウォルマートのビジョンが現実になるかどうかはまだ分かっていない。何年にもわたって数多くのブロックチェーン特許を提出しているが、日々の業務にそれらを統合するには至ってない。

Walmart Files Patent for Blockchain-based Digital Marketplace