インドの最高裁、仮想通貨関連の審問7月開廷へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

インドの最高裁は、中央銀行に対して起こされた増加する仮想通貨関連の異議申し立てに対し
審問会を7月に開催することになりました。

最高裁は、インド準備銀行(以下RBI)に対する5つの異議申し立て全てが申請された後すぐ、銀行と仮想通貨企業との取引を禁じ、全ての裁判所に対し、仮想通貨関連の異議申し立ての受け入れを拒否するよう通達しました。

RBIは「個人法人問わず仮想通貨の取引ないしサービスの提供をするべきではない」という旨を4月の上旬に通達をしており、その時点で実質的に規制がされたとしています。Economic Timesの報道によると、審問会は7月20日に予定をされています。

異議申し立ての一つは、Kali Digital Ecosystemsと呼ばれるベンチャー企業が起こしており、
コイン・リコインル仮想通貨取引所を運営しようとしていたところ、最高裁に移送されました。

Times紙のこれまでの報道によると、その他2つの最高裁に移送されたの異議申し立てもデリーの最高裁判所とカルカッタの最高裁判所にもともと提出されていたものとされています。

異議申し立てを申請した法律事務所の業務執行役員、Anirudh Rastogi氏は、

「異議申し立てで理解される鍵となるのは、4月の通達は出資者の意見を重要視していないこと、そしてそれは最新の発令がもたらした結果であるということです。」

と発表しています。

RBIの通達の結果として、数社の取引所は中央銀行の通達に対して上告する方向性を示唆しています。当時述べていたとおり、目標は、最高裁より前にRBIの方針に対して審理を得ることでした。

India’s Supreme Court to Hold Crypto Lawsuit Hearing in July – CoinDesk