最初にピザにいくら払ったのか?コインデスク、「ビットコインピザの日」の価格を追跡する製品をリリース

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

彼はいくら払ったのか? コインデスク、「ビットコインピザの日」の価格を追跡する製品をリリース

8年前の今日、ビットコインとの交換が初めて報告された消費者向け製品は、パパ・ジョンズのピザだった。

総額は1万ビットコイン、仮想通貨採用の記念碑とも言うべき出来事であり、それ以降、5月22日は「ビットコインピザの日」という記念日となっている。

しかしほんの上辺だけビットコインピザの日を観察したところで、2枚のピザの代金をドル換算で正確に計算しなければまだ足りない。そこでコインデスクは今日、あらゆるウェブサイトに追加してリアルタイムの計算ができる新製品をリリースする。

現時点では、2枚で約8370万ドル、つまり1枚4200万ドル足らずだ。

しかし、なぜこれが重要なのだろうか? それを理解するには、2010年まで時計を巻き戻す必要がある。

その年の5月中旬、プログラマーのラズロ・ハンエツが、苦労して手に入れたビットコインをピザと交換したくなった。数日後、彼は仮想通貨に関する議論の中心地、ビットコイン・トークのオンラインフォーラムでの仲間の手を借りて、交換することができた。

契約は履行された:パパ・ジョンズのピザ2枚に10,000BTC。涙が出そうなその額は当時わずか25ドル、1枚あたりほんのはした金に過ぎなかった。。

しかし当時はビットコインが使用されたり、それが関わる事例が少なかったため、この出来事は取引が行われたというだけで記念すべきものとなった。たった16切れのピザだったが、ビットコインを利用した商売が始まったのだ。

2枚のピザに数百万ドル以上が支払われたことに冷や汗が出るだろうが、それは触れないでおくとしよう。

「その時はビットコインに価値があるとは思っていなかったので、ピザと取引するというアイデアは信じられないくらいクールでした」

ニューヨークタイムズとの2013年のインタビューで、ハンエツは付け加えている。

「こんなに大きくなるとは誰も思っていなかった」

今もこの伝統は残っており、この購入の後もビットコインによる他の注目すべき記念碑的な出来事が続いている。

実はそれはハンエツ自身が「ライトニングピザの日」として知られることになる出来事に参加したもので、2月に彼は開発中の次世代技術を使い、パイを購入したのだ。

He Paid How Much?! CoinDesk Releases ‘Bitcoin Pizza Day’ Price Tracker