米オハイオ州、ブロックチェーンのデータを合法的に認識する州に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

新しく提案された法律によれば、オハイオ州はブロックチェーンに保管されたスマートコントラクトや記録を合法的に認識することができる米国で最初の州になった。

上院議員のマット・ドラン(Matt Doran)氏によって導入された上院法案300は、統一電子取引法の一部を修正し、ブロックチェーン記録とスマートコントラクトを電子記録として含むようにした。さらにこの法案は、スマートコントラクトが他の契約と同様に法的に強制力を持つことを可能にする。

法案が議会を通過すれば、この法案はブロックチェーン技術を使って電子情報を保存し、所有権を提供するというルールを作ることになる。具体的にはこのように記載されている。

他の法律にかかわらず、州または外国の商取引において影響を及ぼし、ブロックチェーン技術を使用して個人が所有する情報または使用権を有する者は、その情報に関する所有権または使用権を持ち、ブロックチェイン技術を使用して情報を保護したのと同様に使用する。

提案された法案は次のように述べている。

「この条項は、トランザクションの条件が所有権または使用権の移転を明示的に提供する範囲で、取引に関連して情報を保護するためのブロックチェーン技術の使用には適用されない」

おそらくさらに注目すべきは、この法案は、「スマートコントラクトが商業的に存在する可能性がある」ことを含む電子契約に関する別の条項の規定を修正することである。

しかし、既存の法律では、「電子記録がその形成に使用されたために契約が法的効力または実施可能性を否定することはできない」、S.B. 300は「契約書には賢明な契約期間が含まれているため、法務文書にスマートコントラクトを使用することができる」ことが明らかになっている。

法律に署名した場合、オハイオ州は他の州の中でアリゾナ州およびおそらくカリフォルニア州、フロリダ州、テネシー州に対し、電子記録のためのブロックチェーン取引とスマート契約の両方を認めることになる。

Ohio Could Become Next US State to Legally Recognize Blockchain Data