トロン価格、メインネット発足に先駆けて11%急増

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

トロン(Tron)の価格は、ビットコインの公式ネットワークであるメインネットの公式導入後10日間以内に大幅な値動きを記録し、月曜日には2桁のパーセンテージの値動きを記録した。

トロンの価格は2桁の値動き

TRXは、取引日にビットフィネックス(Bitfinex)で0.0685ドルに迫る勢いが入った。その後、急速に0.07ドルと0.08ドルの上限値を難なく上回った。ある時点で、トロンの価格は0.084ドルまで上昇したが、それ以来、わずかな値戻しが見られた。

現在、トロンの価格は0.0811ドルで取引されている。これは一日の利益が11%で、54億ドルの時価総額に相当する。こうした高騰によって、市場時価総額ランキングで10位にランクされたアイオタ(IOTA)を上回る9位に上昇した。

特に、トロン(TRX)は、このグループの他のすべてのコインが少なくとも1%減少しているため、過去1週間にプラスの価格変動を起こす唯一のトップ10圏内の暗号通貨である。

トロン価格

この値動きは、他のほとんどのプラットフォームと比較してコインにわずかなプレミアムを付ける傾向がある韓国の取引所での強い取引量と相関している。現時点では、ソウルに拠点を置くアップビット(Upbit)とビットハム(Bithumbの)トロン(TRX) /ウォン市場は、1日当たり8億1,100万ドルの43%を占めている。

興味深いことに、トロンの最大の非法定通貨のペアはビットコイン(BTC)だ。これは、TRXが現在イーサリアムブロックチェーン上で実行されていることを考えると、やや奇妙に感じられる。

トロン・メインネット(Tron Mainnet)が5月31日に立ち上がる

トロンの単日の上昇についての正確なトリガーとなる要因は、すぐには明らかにはならないが、暗号化のメインネットの差し迫った投入につながっている可能性がある。

公開されている時価総額上位10位にランクインしているにもかかわらず、実際のトロンネットワークはまだ実際には開始されておらず、TRXはERC-20トークンとして構成されている。それはトロンメインネットが開始される予定日の5月31日に変わるはずだ。

投資家は、メインネットの立ち上げが短期的な価格上昇をトークンにもたらすことについて固く信じ込んでいる。しかし、その長期的な見通しはプロジェクトの成功にかかっているといえるだろう。

※TRONの最新ニュースを毎日更新中※ 価格が急上昇中で大注目のTRONの最新ニュースを今すぐ知りたい場合は、以下のリ...

Tron Price Surges 11 Percent Ahead of Mainnet Launch