オーストラリア人、昨年1年間に暗号通貨詐欺で200万ドル以上を失う

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

オーストラリア人の一般投資家は、2017年に暗号通貨詐欺に210万ドル以上を失ったと、同国の公正取引委員会は述べている。

同委員会は、暗号通貨関連の詐欺の増加が2017年までのコイン価格の上昇に対応していることを指摘し、月曜日に詐欺に関する年次報告書で調査結果を発表した。

報告書によると、2017年に失われた2百万ドルのうち、1月と9月の間におよそ10万ドルの被害があった。しかし、12月にはビットコインの価格が2万ドル近くに急騰したため、一般投資家は70万ドルを超える損失を届け出たと委員会は指摘した。

報告書によると、偽の新規仮想通貨公開(ICO)、暗号通貨関連のねずみ講、および暗号通貨の決済が、一般投資家を欺くためのよくある手口だった。同委員会は「他の詐欺と同様、これが氷山の先端である可能性が高い」とし、暗号通貨関連の詐欺事件が今後も発生することを予想していると述べた。

報告によれば、オーストラリア人は平均して3億4000万ドル以上を詐欺で失い、特に昨年は投資詐欺に6400万ドルが失われたという。報告はさらに踏み込んで、世界にまたがる詐欺の流行の一例を挙げている。

コインデスクによって以前に報道されたように、2017年の主要なわずか7件の詐欺事件、ハッキングおよび攻撃は、約4億900万ドルの一般投資家資金の損失をもたらした。同様に、ウォールストリートジャーナルは最近、レビューした1,450のICOのうち、271社が「盗作された投資家文書、保証されたリターン、偽かあるいは失踪したの幹部チームに対する警告」を報告した。

Australians Lost Over $2 Million to Crypto Scams Last Year