Walmart、配送記録にブロックチェーンを使用

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

小売大手Walmartの新しい公開特許は、ブロックチェーンをどのように利用し、消費者向けのデジタル製品を増やすことができるかを示しています。

先週の木曜日に米国特許商標庁によって公開されたこの文書は、店舗が特定の顧客に販売するための商品の流通を追跡するというブロックチェーン台帳の概要について示しています。Walmartは最近、本特許の多数の関連アプリケーションも特許申請しており、食品を追跡するための技術を試行しています。

提案されたシステムは、顧客が購入した商品をデジタルマーケットプレイス内で再販することを可能にしています。顧客は、アプリケーションの指示に従い、再販価格を選択することができます。

注目すべき点は、過去の出願特許に記載されている別の使用例-アプリケーションによってどのような企業や個人を経路して販売されているかが見えることです。

このWalmartの最新のアプリケーションは、「分散型流通記録ブロックチェーン」であり、どのように製品が売り手から宅配業者、そして買い手に移動していく際の各ステップで取引をブロックチェーン上に記録します。

同社は以下のように書いています。

例えば、製造元から宅配業者への商品の移動は、それぞれの秘密鍵を使用して、製造元と宅配業者の両方からの署名を必要とする場合があります。

商品が宅配業者から販売元に移るとき、宅配業者は宅配業者の秘密鍵を使用して、デジタル資産も移転します。このようにして、配送記録を更新します

このようなWalmartの考えはもうすぐ実現しそうです。昨年9月、Walmartは、カリフォルニア州の限られた顧客グループを対象に、自動配送ソリューションをテストしています。

Walmart Looks to Blockchain for Retail Product Resales