goTennaがインターネット接続不要のBitcoin取引アプリのためSamourai Walletと提携

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

分散型スタートアップのgoTennaは、オフライン時にビットコインを取引できるアプリのためにプライバシーとセキュリティーに重点を置いたビットコイン・ウォレットであるSamourai Walletとチームを組んだ。

goTenna分散アプリケーション・エンジニアでBybit ABの共同設立者であるRichard Myers氏によると、TxTennaアプリケーションはビットコイン・ネットワークをさらに分散させる努力をしていると、intelesh.comで書かれている。

goTennaデバイスを使用すると、ユーザーはメッシュ・ネットワークに参加し、インターネット接続なしで情報を送信できる。

使用方法

goTennaアプリを使用すると、ユーザーはオフラインでアプリにBitcoinトランザクションを作成する。 アプリはトランザクションをTxtennaアプリに送信し、それをメッシュノードに配信する。

その後、トランザクションは他のgoTennaデバイスにノードされ、最終的にTxTennaを実行するインターネット接続ノードに到達し、TxTennaがBitcoinネットワークに移行する。

goTennaによると、シミュレーションは、3平方マイルのエリア内に2つ未満のランダムノードが十分にgoTennaネットワークを提供できることを示している。

このプロジェクトは、より弾力のあるビットコイン・ネットワークを提供するgoTennaが考えている代替通信レイヤーを提供している。

ブロックストリーム・プロジェクトの構築

goTennaはSamourai WalletのMuleToolsプロジェクトとそのデバイスを統合した。このプロジェクトは、Blockstreamのサテライトを使用してBitcoinネットワーク・トランザクションをサポートする衛星イニシアブの影響を受けたオープンソース・プロジェクトで、代替トランザクション・システムをサポートしている。

Myers氏は、Blockstreamの分散型は、取引検証に有益だが、取引をBitcoinネットワークに移す必要はないと指摘した。

Bitcoinネットワークは、ネット中立性より商業的利益を得られることが多い大企業によって運営されているISPに依存している、とMyers氏は主張している。

たとえば、2007年から2008年にかけて、Comcastは、ダウンロードとファイル共有のネットワークであるBitTorrentのトラフィックを激減させた。

より弾力性のあるブロックチェーンの追求

政府がビットコインを禁止した場合、政府はISPにローカル・ネットワーク・ノードをブロックさせることができる、とMyers氏は指摘する。

ISPが提供した情報に基づいてBitTorrentユーザーを特定し、著作権侵害を主張する民間法律事務所の事例はすでに記録されている。JW Weathermanの “Bitcoin Threat Model”によると、Bitcoinノードは、トランザクションが確認されなかったと考えることに騙される可能性がある、とMyers氏は指摘する。

そのようなISPが集中化されているという事実も、大打撃を受けやすいということだ。 通信層自体は、より弾力性を必要とする。Elaine OuとNick Szaboはプロトタイプのままのプロジェクトであるトランザクション用の短波無線の使用を提案した。

民間のマイクロ波接続、アマチュア・ラジオ・リピーター、ページャー・ネットワーク、衛星などの一般的でないチャンネルもこのような弾力性を提供する可能性がある。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Startup Teams Samourai Wallet on App to Trade Bitcoin Without the Internet