中国のIT省:2017年は「指数関数的な」ブロックチェーンスタートアップの成長の年だ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の産業情報技術省が発表した新しいホワイトペーパーによると、2017年だけで、すべての中国ブロックチェーンの新興企業の40%近くが起業したという。

同省のインフォメーションセンターが月曜日に明らかにしたブロックチェーン業界の論文によると、現在中国には456社の新興企業があり、中核事業はブロックチェーンの技術開発とアプリケーションに集中している。

2016年の新しいブロックチェーン企業の数は2015年に比べて3倍に増えたが、2017年には指数関数的な増加が見られ、合計178人の新規参入者があった。

一方、その傾向に呼応して、ブロックチェーンのスタートアップのエクイティファイナンス(株主資本の増加につながる資金調達)にも同様の勢いが見られた。政府のデータによると、ブロックチェーンのスタートアップに直接関係する249件のエクイティ・ファイナンス・イニシアチブがあり、2017年には100件近くが開始された。

この数字は、2014年から2016年に記録された合計を上回る数字であり、業界はすでに2018年第1四半期にブロックチェーンの新興企業向けに68件のエクイティ・ファイナンス・イニシアチブを確認しているという。

157ページのホワイトペーパーは、中国政府の最新の技術を国民に知らせるためのもっとも新しいの取組であり、今後の開発、特に規制の枠組みに関する見解を明らかにしている。

新規仮想通貨公開禁止の重要性を何度も強調する一方で、中国の現行の特許法は、すでに10年前に完成したもので、ブロックチェーン技術の知的財産を保護するには時代遅れになっている可能性があると当局は主張している。

例えば、この論文で説明したように、中国の特許法は、特許出願人によって具体的に説明されている技術の応用事例を保護しようとしているに過ぎない。

「しかし、ブロックチェーンは、幅広いアプリケーションシナリオを持つ基盤技術であり、知的財産権を保護するために特許申請者に潜在的かつ特定の使用事例をすべて列挙することは困難で費用も高額になる」

と論文には書かれており、さらに、次のように記されている。

ブロックチェーン技術IPを保護したい場合は、特許法の実施方法をある程度調整しなければならない

2017 Saw ‘Exponential’ Blockchain Startup Growth, Says China’s IT Ministry