ザ・シンプソンズのモバイル版最新アップデートでビットコインマイニング

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

クラスティがビットコインですべてを失った!

大衆の受け入れに向けた行進

ビットコインは大衆への受け入れに向けた歩みを進めています、というのも現在人気のあるフリーミアムゲームである「「The Simpsons:Tapped Out」」に搭載されるのです。

ゲームでは、ホーマーが仕事を放棄し、スプリングフィールドの原子力発電所を監視する代わりに、モバイルゲームをしています。

今週、ゲームに追加された「Crypto Cool」と呼ばれる新しいクエストでは、プレイヤーは最初に「ブロックチェーン」が何かを説明することなく、何度もマーティンにブロックチェーンについて言わせることを課せられます。

会話中のある時点で、マーティンは「私はコンピュータでビットコインを採掘した、価値は天井を突破した」と言います。また、「先週までブロックチェーンについて聞いたこともなかった。」といいます。

しかし、「今では私はそれについて専門家にように振舞う!」と言います。この作業を完了すると、3人の若者に自分のコンピュータでビットコインのマイニングをすることを求めてきます。

ビットコインのメインストリームにおける採用

注目すべきは、人気コミックの世界の中でビットコインが初めて言及されたことではないということです。2013年のエピソードにおいて、クラスティはリサから自分が壊れているかどうかを聞かれると、「競馬で悪い運があり、ビットコイン市場で悪いことはがあって..」と答えるというものです。

2014年のエピソードでは、いじめっ子のジンボジョーンズがビットコインの支払いを受け入れているという看板が描かれています。

シンプソンズ内で言及されていることは、ある程度のマスコミの関心と、多くの投資家とビットコインの支持者が長期的な成功のために不可欠であると考えている大衆のビットコインへの受け入れに向けた一歩を表しています。

他のショーでは、ビットコインについて以前より頻繁に言及し始めました。それは2014年に「Family Guy」や同じ年に「Supernatural」の中でも言及されました。

Tapped Out

ザ・シンプソンズのゲーム「Tapped Out」はiOS、Android、Kindle Fireで利用できるモバイルゲームです。2012年に大手ゲーム会社EA Mobileによって発表され、同年発売されました。

EAは、発売以来1億3000万ドルを売り上げたと見積もっています。当初は、ゲーム内の課金システムで、プレーヤーが大量の資金を投入をして進歩を遂げる必要があるというフリーミアムゲームの仕様が危機を呼びましたが、現在でも減少はあるものの、ゲームはEAに大きな貢献をし続けています。

Mobile Simpsons Game Adds Bitcoin Mining, Annoying Blockchain Evangelist in Latest Update