仮想通貨(コイン)の Chronobank(クロノバンク/TIME)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のChronobankの価格・時価総額・出来高

通貨名Chronobank(クロノバンク)
通貨略号TIME
公開日2017年2月25日
システム-
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Livecoin,Liqui,Hitbtc,
公式サイトChronobankの公式サイト

Chronobank(クロノバンク)のローソク足リアルタイムチャート

Chronobank(クロノバンク)とは?基本情報


Chronobankは、2017年2月に取引が始まった、比較的歴史の短い仮想通貨です。略号表記はTIMEになります。

ChronoBankは、Uberがタクシービジネスを混乱させたのと同じ様に、金融業界の採用を中心とするヒューマンリソース業界を混乱させることを目的とした、野心的で幅広いブロックチェーンプロジェクトであり、次世代型のフリーランスを示したものです。

ChronoBankでは、現状維持の業界慣行に挑戦し、従来の金融システムの代替手段を提供しようとしており、これは最新のブロックチェーンテクノロジーを利用した新世代型の時間ベースの通貨です。

分散型台帳テクノロジーへの関心が高まっているにもかかわらず、現在主流となっているマーケットでの導入に向けたブロックチェーンアプリはごくわずかです。

ChronoBankは、現実のビジネス上の問題を解決するためにブロックチェーンテクノロジーに精通した専門家と対話し、100年以上にわたる人材育成経験を持つ専門家のコンソーシアムによって設計されました。

具体的には、主要な専門職の短期間採用の面で、革命を起こしそうとしています。

このプラットフォームで使用されるのが、Labour–Hour Stable Coins(LHトークン)と呼ばれるものです。

Chronobank(クロノバンク)の特徴・仕組み

Chronobankは、ブロックチェーンを活用することでヒューマンリソース分野に革命を起こそうとしているブロックチェーンプロジェクトです。

その特徴は以下のようになっています。

  • 金融システムの代替
  • 複数ブロックチェーンによるサポート
  • インフレーションへの防止
  • AUD/USD/EUR/GBP間の取引
  • トークンの安定性
  • 簡単な利用
  • 透明性
  • LHデビットカード

金融システムの代替

LHトークンは、ブロックチェーンベースのプライベートな時間ベースの資金としては、銀行は冗長すぎるため、取引は人とビジネスの間で直接行われます。

複数ブロックチェーンによるサポート

LHトークンとChronobank.ioのDapp(分散型アプリケーション)は、Ethereum、Waves、NEMのブロックチェーン上に作成されます。

インフレーションの防止

LHトークンは、世界の平均時給にリンクされており、これは非常に低いボラティリティで有意で安定した成長を示しています。

このリンクにより、LHトークン自体のインフレーション率も低い状態で保たれます。

AUD/USD/EUR/GBP間の取引

LHは平準化された通貨で安定した価格を保有しています。そのため、ユーザーはAUD/USD/EUR/GBPの価格を維持しながら取引することができます。

トークンの安定性

ChronoBankは、安定した価値を持つLHトークンを発行し、ユーザーを仮想通貨の評判を落とす、悪名高いボラティリティから守ります。

簡単な利用

ユーザーを念頭に置いて設計され、最高のUI/UXプラクティスを備えています。1回のクリックで、フラットまたは暗号化された通貨で取引できます。

透明性

複数のブロックチェーンを利用することによるセキュリティレベルは、労働時間ライフサイクルのすべての段階で透明性と開放性を保証します。

LHデビットカード

LHトークンの流動性は高く、LHデビットカードを介して24時間いつでもアクセスできます。

Chronobank(クロノバンク)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年2月27日
  • 取引開始時価格:12.89$
  • 直近価格   :27.87$
  • 最高値    :49.41$(2018年1月7日) 取引開始時価格の約4倍!!
  • 最安値    :5.59$(2017年3月3日) 取引開始時価格から約55%下落!!

Chronobankは、2017年2月に取引が始まりました。取引開始当初、価格が急落し、3月3日には取引開始時価格から約55%下落した最安値を記録します。しかし、そこから価格が反転し、緩やかながら価格が上昇していきます。

価格は上下しながら、底値を徐々に上げていき、2018年1月に大きく急騰します。そして、1月7日に取引開始時価格の約4倍となる最高値を記録します。

現在は、仮想通貨業界全体の急落により、価格が大きく下がっていますが、今後の市況次第ではさらに最高値を更新していくことも考えられます。

Chronobank(クロノバンク)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Chronobankの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Livecoin,Liqui,Hitbtc,
※Chronobankを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Chronobank(クロノバンク)の将来性

労働分野にブロックチェーンを活用したChronobankは非常に興味深い仮想通貨プロジェクトだと思います。

ヒューマンリソース業界自体が大きな成長を遂げている中で、その成長にどのように乗っていくか、今後の重要なポイントになってくると思います。

Chronobank(クロノバンク)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年のロードマップは公表されておりません。

Chronobank(クロノバンク/TIME)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる