仮想通貨(コイン)の MonetaryUnit(マネタリーユニット)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMonetaryUnitの価格・時価総額・出来高

通貨名MonetaryUnit(マネタリーユニット)
通貨略号MUE
公開日2014年7月26日
システムQuark
発行上限枚数1枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

coinexchange.io(コインエクスチェンジ)

Bittrex,Yobit,Coin exchange
公式サイト

MonetaryUnit(マネタリーユニット)のローソク足リアルタイムチャート

MonetaryUnit(マネタリーユニット)とは?基本情報


MonetaryUnitは、2014年に取引が始まった、仮想通貨業界でも歴史の長い仮想通貨になります。略号表記は、MUEです。

2014年7月に開始されましたMonetaryUnitは、長期的な目標を持つ、分散型で自立可能な、自己管理型の仮想通貨プロジェクトです

MonetaryUnitの焦点は、常にすべての人がアクセスできる仮想通貨を作り出し、ハイテク産業だけでなく、開発者、投資家、一般の人々にとっても魅力的なサービスを提供していくことです。

MonetaryUnitでは、フレンドリーで深いコミットをもつコミュニティと、多くのエキサイティングなプロジェクトが継続的に勧められており、市場で最も信頼性が高くエキサイティングな仮想通貨プロジェクトとして、今後メインストリームに進出していくために、引き続き評価を獲得し、イノベーションを起こし続けています。

MonetaryUnit(マネタリーユニット)の特徴・仕組み

MonetaryUnitは、分散型でなく、コミュニティによる自立型、自己管理型の仮想通貨プロジェクトです。

その特徴は以下になります。

  • 即時トランザクション
  • マスターノード
  • 商業用のアームとアフィリエイト
  • コミュニティと財団
  • 自己持続型
  • 長期での低いインフレーション率

即時トランザクション

急なトランザクションの場合、即座に支払を受け取り、Instantsendファンクションを介して、受取人がその支払いを確認することができます。

マスターノード

MonetaryUnitのユニークなビジネスインフラストラクチャーであるマスターノードは、コミュニティ内の安定性と一定のメンテナンスを保証します。

商業用のアームとアフィリエイト

MonetaryUnitは、仮想通貨コミュニティ全体に利益をもたらす最大の通貨となり、利用をそくしんしていくため、MonetaryUnitのエコシステムの継続的な開発に焦点を当てています。

コミュニティと財団

MonetaryUnitへの質問や普及に向けた教育システムを支援するため、コミュニティと財団チームは協力してサポートしています。

自己持続型

MonetaryUnitのエコノミーデザインは、作成されたすべてのMonetaryUnitの10%が、プロジェクトに還元される利益として確保されています。

長期での低いインフレーション率

インフレ率は年間約3%になり、MonetaryUnitの利用と流通が促進されます。少なくとも今後130年間、40秒ごとに40MUEが生み出されます。

MonetaryUnit(マネタリーユニット)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年11月2日
  • 取引開始時価格:0.000313$
  • 直近価格   :0.167464$
  • 最高値    :0.496618(2018年1月7日) 取引開始時価格から1,600倍近い上昇!!
  • 最安値    :0.000012$(2015年1月7日) 取引開始時価格から97%下落!!

MonetaryUnitは、2014年11月に取引が始まりました。取引開始当初、価格が急激に上昇しますが、すぐに下落へと向かいます。その流れのまま2015年1月7日に取引開始時価格から97%下落した最安値を記録します。しかし、そこから価格が反転し、急騰します。

急騰と下落を繰り返しつつ、底値を次第に上げていき、2017年4月ごろから顕著な上昇を見せ始め、9月に大きく急騰します。そして、2017年12月には仮想通貨業界全体の盛り上がりに合わせて一緒に価格を大きく上げ、年明けの1月7日には取引開始時価格の1,600倍近い価格となる最高値を記録します。

現在は、仮想通貨業界全体の落ち込みに合わせて、価格を下げておりますが、今後の市況次第ではさらに価格を上げていくことも考えられ、非常に楽しみです。

MonetaryUnit(マネタリーユニット)の買い方・売り方・購入方法・取引所

MonetaryUnitの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 coinexchange.io(コインエクスチェンジ)Bittrex,Yobit,Coin exchange
※MonetaryUnitを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

MonetaryUnit(マネタリーユニット)の将来性

2009年にBitcoinが誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、徐々に注目を集めてきました。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

また、この流れを後押しすするように、数多くの仮想通貨プロジェクトが誕生し、プロダクトのローンチに向け、様々なテクノロジーやアイディアの元、開発が進められています。

2014年に誕生したMonetaryUnitでさえ、この流れには抗うことができず、レッドオーシャンの中でどのように勝負をしていくか、その動きが重要になってきます。認知度や利用シーンの増加といった問題への対処という点に着目していくが、重要になってくると思います。

MonetaryUnit(マネタリーユニット)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後の具体的なロードマップは公表されておりません。

MonetaryUnit(マネタリーユニット)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる