人口海上都市は仮想通貨の楽園となりえるか

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

政府の厳しい金融政策の下で苦しんでいる起業家は、海に目を向け、独自の自治を持ち、仮想通貨が使用出来る独自の島を作成してはどうでしょう。

海洋は、深刻に汚染された惑星の解決策であり、ビジネスの成長に悪影響を及ぼします。 新興企業のBlueFrontiers社とSeasteading社は、300以上の家があり、独自の自治と通貨を持つ人工島を作り出しています。

効率的で非物理的な通貨を必要としているイーロン・マスク(Elon Musk)氏のような理想郷を築こうとする人にとっては、仮想通貨が最適な選択肢となります。

私たちの使命は、海上都市国家結成への機運を促すことです。

現在、鍵となる技術とは何か、また法律上およびビジネス上の課題を調査し、一般の人々の意識を高め、海上都市コミュニティを構築することによって、最初の海上都市国家を結成することに注力しています。

このプロジェクトでは、出発点としてポリネシア諸島を選択しました。 BlueFrontiers社研究員であるナザリー・メッザ・ガルシア(Nathalie Mezza-Garcia)氏は、CNBC放送に次のように述べました。

「このプロジェクトはポリネシア諸島で試行されることが重要です。ここは、珊瑚に土地が残っている地域であり、海面が上昇すると消滅します。

最初のプロジェクトは、海上浮遊システム開発のテストの場となります。この島がどのように機能していくかが分かると、気候難民のための新たな島とするという計画を立てるための概念証明が得られるでしょう。」

Blue Frontiers社は、資本調達のためのICOも開始しました。

BlueFrontiers社は、販売収益を利用して経済圏を拡大し、SeaZonesや海上都市を建設し、その販売とサービスにのみVaryon (VAR)を受け入れる予定です。

完全に透明な自治のために、プロジェクトと取引用のホワイトペーパーは開示されていません。この海洋保護プロジェクトは、Nature紙、New York Times紙、Wall Street Journal紙に言及されています。

まるでSFの小説のように聞こえますが、今後政府と対峙する可能性もあります。CCNが報告しているように、人工島でも仮想通貨排除を指示するかもれませんが、このプロジェクトのために、カリブ海の島々は仮想通貨ビジネスを奨励するという措置を取りました。

このビットコインを許容するというスタンスは、ビットコイン関連の巨大企業、新興企業、ベンチャーを惹きつけ、彼らの独自の理想郷となっています。

このように規制に対して柔軟な小規模な自治区(島嶼地域など)は、大国が政治的理由や中央銀行の意向により仮想通貨の普及を妨げている場合、仮想通貨発展の独自の場となりえます。

Crypto Utopia: Man-Made Floating Pacific Islands Will Accept Cryptocurrency