ゼロエックス、ジリカ、エルフ、オントロジーが10%の上昇を記録、トークンがビットコインを上回る

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ゼロエックス、ジリカ、エルフ、オントロジーが10%の上昇を記録、トークンがビットコインを上回る

昨日CCNが伝えたところによると、中国の開発者チームによって製造された分散型クラウドコンピューティング・ブロックチェーンネットワークであるエルフが、ビットコインに対して17%以上増加した。

今日5月20日、エルフ価格がさらに10%値上がりし、市場では2日間連続して上昇率第2位の仮想通貨となった。

トークンのトレンド

5月中、トークンはビットコイン価格の変動に伴い、上下に激しい動きを見せている。ビットコイン価格が下落すればトークンの価値はさらに大きな割合で減少し、ビットコイン価格が上昇するにつれて、トークンの価値はそれよりも大幅に増加してきた。

予測不能なほど極端に価格が変動している回復期のトークンへの投資は、本質的にレバレッジ取引と似ており、ビットコインの価格トレンドに対応して、トークンの価値は急激に上下する可能性を秘めている。

5月17日、ビットコイン価格は2カ月ぶりに7,925ドルという安値に到達し、ビットコイン価格が落ち込んだことで、エルフ(ELF)とゼロエックス(ZRX)の価格も月間の最安値まで下落した。

しかし、ビットコイン価格が7,925ドルから8,300ドルまで反発したことにより、ELFは0.00014BTCから0.000162BTCに、ZRXは0.00015BTCから0.000174BTCまで上昇し、両方ともビットコインに対して大きな利益を記録した。

過去48時間で20%の利益が得られたにもかかわらず、ELFとZRXの相対力指数(RSI)は55程度で、二つのトークンの中立ゾーンを示している。指数と単純移動平均線が今後上向きになることを表していることから、ELFとZRXは短期間で回復するのに理想的な位置に留まっている。

現時点では、ほとんどのアルトコインとトークンの価格がビットコインの短期の価格トレンドに大きく依存していることから、投資家は次の数日間はビットコインの価格動向を注視していなければならない。

ビットコイン価格が8,400ドルラインで勢いを維持して8,800ドルの支持線を破ることができれば、比較的早く9,000ドルラインに入ることができ、5月末までに10,000ドルの支持線を越える可能性がある。

しかし8,200ドルの抵抗線を下回った場合、ビットコイン価格が再び7,900ドルラインに戻ってしまうこともありうるが、5月18日以降の一定の価格を考えれば、この可能性は低いだろう。

ビットコインのトレンド

ビットコイン価格は、最終的には短期で10,000ドル地点に到達すると思われる。8,800ドルの支持線を超えられるほどの勢いは持っていない。

価格が伸び悩んでいるのは、ビットフィネックスのような主要取引所がおそらく政府の圧力を受けて、利用者の納税者番号や社会保障番号を提出するよう求め始めたことに、投資家が懸念を感じていることが原因だと思われる。

ビットフィネックスは世界最大の仮想通貨取引所ではないが、仮想通貨から法定通貨への最大の取引所の一つと考えられており、その税金に関する新しい方針が投資家をパニックに陥らせ、国の財政当局によって課される取得税が彼らに不安を抱かせている。

0x, Zilliqa, Aelf, and Ontology Record 10% Gains as Tokens Outperform Bitcoin