仮想通貨(コイン)の Omni(オムニ/OMNI)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のOmniの価格・時価総額・出来高

通貨名Omni(オムニ)
通貨略号OMNI
公開日2015年
システムProof of Work(Scrypt)
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Poloniex(ポロニエックス) Bitrrex(ビットトレックス)
公式サイトOmniの公式サイト

Omni(オムニ)のローソク足リアルタイムチャート

Omni(オムニ)とは?基本情報

オムニは世界で初めてクラウドセールを行ったコインとして知られています。

ビットコインブロックチェーン上に構築されたデジタル通貨プラットフォームで、トークン発行プラットフォームとしての機能がとくに有名です。

Omni(オムニ)の特徴・仕組み

オムニの主な特徴は以下3つです。

  • 世界で初めてクラウドセールを行った
  • ビットコイン上に構築されたソフトウェアレイヤー
  • ビットコインの全機能とオムニレイヤー機能

Bitcoinブロックチェーンの上に構築

Omniは、カスタムのデジタル資産と通貨を作成して取引するためのプラットフォームです。 最も一般的で、監査も強く安全とされるブロックチェーンであるBitcoinの上に構築されたソフトウェアです。

Omniトランザクションは、Bitcoinブロックチェーン上で次世代機能を有効にするBitcoinトランザクションです。リファレンス実装であるOmni CoreはBitcoinのすべての機能と高度なOmni Layer機能を提供する拡張されたBitcoin Coreです。

カスタム通貨を簡単に作成

オムニでは、カスタム通貨や資産を表すトークンを作成し、Bitcoinブロックチェーン経由でこれらを簡単に処理できるように開発されました。 オムニが提供するパワーとシンプルさは、Bitcoinベースのトークンプロトコルをリードするのに役立っています。

ブロックチェーンベースのクラウドファンディング

オムニでは分権的な集団援助が簡単です。 Crowdsaleの参加者は、ビットコインまたはトークンを発行者アドレスに直接送信することができ、オムニレイヤーは、第三者を信頼する必要なしに、大量のトークンを自動的に送信者に配信することができます。

ピアツーピア取引

参加者は、オムニレイヤーによって提供される分散型交換機を使用して、サードパーティ交換を必要とせずにブロックチェーン上の他のトークンまたはビットコインのトークンを直接交換することができます。

クラウドセール(ビットコイン2.0)世界初

今ではクラウドセールは広く知られている者となりつつありますが、最初にビットコイン2.0を利用してクラウドセールを行ったのはomniでした。分散型インターネットMaidSafeプロジェクトのクラウドファンディングとして約6億円が集められた過去もあります。

ビットコインのブロックチェーンを利用する代表的なものは、Colored Coins・Counterparty・Omni(Mastercoin)の3つでしょう。

Omniは、Colored CoinsやCounterpartyと同様、ビットコインの取引データに追加情報を書き込むことによって、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームを構築しています。

Omni(オムニ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2013年12月25日
  • 取引開始価格 :1OMNI=107.08USD
  • 直近価値   :1OMNI=24.95USD(2018年4月7日)
  • 最高値    :1OMNI=228.93USD(2013年12月25日)
  • 最安値    :1OMNI=2.25USD(2016年8月5日)

取引開始直後、その日のうちに2倍もの価格に上昇しました。しかし、その後は徐々に下がっていき、2014年8月からは最高値のわずか100分の1程度の2~4ドルほどで低空飛行を続けました。2017年5月ごろからはまた上昇をはじめ、現状は最安値の10倍ほどの値で動いています。

Omni(オムニ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Omniの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Poloniex(ポロニエックス) Bitrrex(ビットトレックス)
※Omniを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Omni(オムニ)の将来性

オムニはトークン発行プラットフォームとしての機能が有名で、誰でも自分の仮想通貨を簡単に発行し、独自の経済圏を形成できます。

これにより過去には大きな話題を集めました。しかし、現在は似たような機能を持つコインなどの台頭により、注目度は低くなりつつあります。

Omni(オムニ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

世界で初めてクラウドセールを行ったということで、歴史もアルトコインの中では長いです。実は2013年7月に公開されましたが、その当時はMastercoinという名称でした。2015年1月にOmniへと改名されました。

2014年2月当時は、世界で7番目に市場規模が大きい仮想通貨とされていましたが、2017年10月の統計では市場規模165位と低調に推移しています。多くアルトコインの出現や、新機能を持った仮想通貨、特にイーサリアムに押されているようです。

Omni(オムニ/OMNI)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる