仮想通貨(コイン)の WhiteCoin(ホワイトコイン/XWC)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のWhiteCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名WhiteCoin(ホワイトコイン)
通貨略号XWC
公開日2014年4月14日
システムProof of Stake
発行上限枚数3億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Bittrex,Stocks exchange
公式サイト

WhiteCoin(ホワイトコイン)のローソク足リアルタイムチャート

WhiteCoin(ホワイトコイン)とは?基本情報

WhiteCoinは、2014年4月に取引が始まった、仮想通貨の中でも比較的長い歴史を持つ仮想通貨であり、略号はXWCとなります。

WhiteCoinは誕生から3年経つ分散型グローバルブロックチェーンであり、サイバーセキュリティや安全な支払い、コミュニケーションに重きを置いています。

WhiteCoinは、誰にとっても利用可能である一方で、単一の組織や個人に管理されていないコミュニティの献身的なサポートによって運営されています。

こういった魅力的な各要素を結合することによって、ネットワークの安定性や成長性がもたらされ、誰もが注目したくなる技術的な発展を遂げることができます。

WhiteCoin(ホワイトコイン)の特徴・仕組み

WhiteCoinは、サイバーセキュリティなどに重きを置き、コミュニティ活動に支えられた仮想通貨プロジェクトです。
その特徴・仕組みは以下になります。

  • PoS(Proof of Stake)3.0
  • 匿名性
  • 速いトランザクション
  • オープンソースソフトウェア
  • 透明性のある台帳
  • 環境フレンドリー

PoS(Proof of Stake)3.0

ステーキング(PoSで仮想通貨を保有しているだけで報酬が得られること)のためにウォレットをオープンにしておくユーザーは、ネットワークのアクティブ状態にもよりますが、1年に付き0.5%から6%程度の報酬を確保できます。

匿名性

WhiteCoinでは、誰でも匿名で、トランザクションやウォレットの管理ができます。

資金を送ったり、受け取ったりする際やウォレットやアドレスを作成する際などに、個人を特定する情報は必要ありません。

速いトランザクション

WhiteCoinのトランザクションは、極端に早く、利用者は数秒で世界中の誰にでもお金を送ることができます。

オープンソースソフトウェア

WhiteCoinのソフトウェアやウォレットはオープンソースでできているため、その安全性は検証されるようになっています。

透明性のある台帳

誰でも、資金の利用履歴を共有することができ、それによって透明性が保たれています。

環境フレンドリー

PoSアルゴリズムを利用しているため、Bitcoinのようにマイニングのために大規模な電力を必要としません。

WhiteCoin(ホワイトコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年4月18日
  • 取引開始時価格:0.0027$
  • 直近価格   :0.2131$
  • 最高値    :0.28$(2017年12月29日)  取引開始時価格の約103倍!!
  • 最安値    :0.0001$(2015年2月9日)  取引開始時価格から約97%下落!!

2014年4月に取引が始まったWhiteCoinは、取引開始当初大きく価格が上昇しました。

しかし、その後急落し、長らく低調なまま価格が推移します。

2017年12月の仮想通貨全体の盛り上がりに合わせ、WhiteCoinも価格を上げていき、12月29日には取引開始時価格の約103倍にもなる最高値を記録しています。

現在も高値圏で推移しており、今後最高値を更新していくことも考えられます。

WhiteCoin(ホワイトコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

WhiteCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Bittrex,Stocks exchange
※WhiteCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

WhiteCoin(ホワイトコイン)の将来性

現在、数多ある仮想通貨プロジェクトは、そのどれもBitcoinの欠点を補う形で、開発が進められています。

2009年の誕生以来、Bitcoinは大きな注目を集め、世界を揺るがしている一方で、スケーラビリティやトランザクション手数料の高騰、未承認トランザクションの溜まり、プライバシー保護の視点の欠如など、様々な問題が指摘されています。

また、ASIC(特定用途向け集積回路)の利用による、大量の電力消費や51%アタックなど、付随的な問題や根幹を揺るがしかねない問題も表面しつつあります。

そういった中で、WhiteCoinは匿名性やトランザクションの速さ、マイニングの非集中化などの対応を取り、Bitcoinの問題に対応しています。

非常に速い段階から様々な対策を売っている一方で、仮想通貨プロジェクト間の競争も同時にかなり激しくなっているのも現実です。

今後、WhiteCoinが大きな認知度を獲得し、世界的な利用につなげていくには、技術開発やプラットフォーム開発も重要である一方で、どれだけ認知度を上げ、コミュニティを活性化していけるか、に繋がるマーケティング戦略も重要であり、ポイントになってくると思います。

WhiteCoin(ホワイトコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

2017年から2018年にかけてのWhiteCoinのロードマップは以下のようになっています。

  • ウォレットv2.0、PoSv3.0のリリース(導入済み)
  • Bittrexとの自動スワップ決済(導入済み)
  • ノード開発やPHP向けの開発ツールの作成(完了済み)
  • コミュニティポータルの作成(導入済み)
  • 新しいウェブサイトの作成(完了済み)
  • ウォレットデザインの変更(完了済み)
  • 統計機能などのウェレットの機能の追加(完了済み)
  • 支払い用プラグインの導入(開発中)
  • ホワイトペーパー2.0の発表(作成中)
  • IoTイメージの導入(対応中)
  • 軽量型ウォレットの開発(今後対応予定)
  • モバイルウォレットの開発(今後対応予定)

WhiteCoin(ホワイトコイン/XWC)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる