ブロックチェーンとAIが結合して現代の技術進歩を促進

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

現在、技術開発の分野は、インターネット上に構築されている何千ものテクノロジーにより、過去数十年と比較して指数関数的に発展しています。

この技術発展により、冗長的なシステムが排除され、よりスマートな世界になり、直接的かつ生産的なソリューションがもたらされています。仲介者の排除によるコスト管理と、利用可能なリソースを最大限に活用することで、より確実に目的を達成できるようになりました。

これらの成果の背景にあるものは、 人工知能(AI)の概念であり、よりスマートな世界の構築を助けています。

人工知能とブロックチェーン技術

最近の技術は、高度な情報収集とデータ分析を必要とし、データ管理はさまざまな業界で重要な意思決定の手段になっています。したがって、プロジェクトの成否は、どれだけ安全かつ効果的に情報が処理され管理されるかによって大きく左右されます。

データを効果的に管理する上で、ブロックチェーンの品質管理技術に注目が集まっており、ソリューション目的で既存の他の技術とに置き換わる可能性があります。

CCNによると、Helium社の創設者であるジェイソン・キャシディ(Jason Cassidy)氏は、「人工知能は、よく理解されていないにも関わらず頻繁に使われている言葉です」と語りました。

「毎年、私たちはますます人工知能に頼るようになっています。 今、急成長しているブロックチェーン技術を人工知能と組み合わせると、相乗効果のある結果が得られるでしょう。」

技術間の相乗効果

彼は、人工知能について、ブロックチェーンの仕組みを改善するだけでなく、逆に、ブロックチェーン技術によって人工知能自体を改善することができるくらいのレベルに達しており、両者を組み合わせることによる相乗効果が期待できると話しました。

例えば、ブロックチェーンのスマートコントラクト、ニューラルテクノロジー、および広告向けの人工知能を組み合わせることで、より効果的な広告を作成できると考えられます。

キャシディ氏は、セキュリティ、スケーラビリティ、エネルギー消費の最適化、効率の向上は、ブロックチェーンと人工知能の両者を組み合わせることによって、より良いものになる分野であることを説明してきました。

これらの技術は、十分な信頼性があることが前提であるため、時間をかけて社会的に信頼されたものになることが必要になります。

ますます多くのデータが収集され、人工知能によって学習するようになると、ブロックチェーンによってそのデータを安全に保存する必要性が出てきます。一旦ブロックチェーン上に格納されたデータを理解したり、データを用いてより良い意思決定を行うことは人工知能の仕事です。

ブロックチェーンは、社会が求めていたInternet of Things(IoT)のような技術の欠点を解決するものとして、また、人工知能が”跳躍”するために必要な技術の1つとなっています。

技術の調和

人々に受けられるかどうかが課題となる開発の初期段階を経て、ブロックチェーン業界の騒動は最終的に落ち着くでしょう。産業界はこの新興技術の適切な実施を求めており、スタートアップ企業は技術的に先んじています。

一般的に、ブロックチェーン技術は、既存のプロセスを改善するためのツールとして多くの人々によって認識されており、このことは技術が普及していっていることを示しています。また、価値のインターネット(IoV)の手段として、産業界の注目を集めています。

ブロックチェーン技術を支持する人たちは、ブロックチェーンは現在主流のアプリケーションのために構築された開発であると主張しています。つまり、ブロックチェーンは独立した技術ではなく、他の既存のものと組み合わす必要があるとの意見です。

急速に進化する人類の生活様式に対応するためには、1つの技術を選択するだけでは不可能であり、さまざまなソリューションを繋げる必要があります。

Op-ed: Blockchain and AI Combine to Power Modern Technological Advancement