仮想通貨(コイン)の MCAP(エムキャップ/MCAP)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMCAPの価格・時価総額・出来高

通貨名MCAP(エムキャップ)
通貨略号MCAP
公開日2017年5月26日
システム-
発行上限枚数1億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Ccex,Hitbtc
公式サイト

MCAP(エムキャップ)のローソク足リアルタイムチャート

MCAP(エムキャップ/MCAP)とは?基本情報

MCAP(エムキャップ)は研究開発、教育を支援して、分権化された財務ツールを世界にもたらす仮想通貨です。

2017年5月に取引開始され、仮想通貨市場ランキングでは現在558位の位置にあります。

MCAP(エムキャップ)の開発チームはFintechでの経験者、ブロックチェーン技術者、法的アドバイザーなどによって構成されています。

MCAP(エムキャップ)ラボと称して、マイニングやICO評価、ICO投資などについての研究を行っている組織でもあります。

暗号通貨記号は通貨名と同じ「MCAP」です。

MCAP(エムキャップ/MCAP)の特徴・仕組み

MCAP(エムキャップ)にはこのような特徴があります。

  • Mining Research(マイニングリサーチ)
  • ICO Evaluation(ICO評価)
  • ICO Investment(ICO投資)
  • 資産がなくても投資できる

Mining Research(マイニングリサーチ)

マイニングは技術的には誰にでも行うことが可能ですが、マイニングの設備が整っていない人にとっては、マイニングによって発生する利益よりもマイニングに必要となる電力の方がはるかに上回ります。これがマイニングの現実的な問題です。

MCAP(エムキャップ)ラボは、マイニングの研究を通じて可能性のある開発分野に焦点を当てた専用のインフラを構築することによって、これらの制約を克服することを目指しています。

Bitcoin(ビットコイン)以外にも、他のアルトコインやMCAP(エムキャップ)ラボのマイニングから得られる大きな利益を得る可能性があります。

ICO Evaluation(ICO評価)

MCAP(エムキャップ)ラボでは、ICOを評価するための専門家が決定した一連のKPIに対してすべてのICOがテストされる独自のテスト「KPIテスト」を設計しました。

ICOという新しい資金調達システムはいくつかの不正行為や詐欺を招き、投資家に懐疑心を抱かせるものになってしまいましたが、”具体的な事実、信頼性、厳格かつ広範な評価”に基づくICO評価によって、投資家が安全に投資し富を得ることを保証することができます。

ICO Investment(ICO投資)

MCAP(エムキャップ)ラボは、分析的に選択された暗号通貨、潜在的なICO、および高い市場価値に上昇する可能性のある他の暗号通貨のマイニングにより調達された資本を投資します。

投資対象としては、Bitcoin(ビットコイン)、Etherium(イーサリアム)、EtheriumClassic(イーサリアムクラシック)、Dash-coin(ダッシュコイン)、Monero(モネロ)、Litecoin(ライトコイン)です。

資産がなくても投資できる

仮想通貨の市場をほとんど知らない、または全く知らない人であっても、MCAP(エムキャップ)の取引や投資機会に参加することができます。

以前の取引や投資機会は巨額の資産を持つ人々だけの特権でしたが、MCAP(エムキャップ)はこれらの条約を廃止し、投資の少ない中産階級や低所得の人々にも投資機会を提供します。

MCAP(エムキャップ/MCAP)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日 :2017年5月30日
  • 取引開示価格:6.76$
  • 直近価格  :0.552237$
  • 最高値   :7.86$(2017年6月6日)
  • 最安値   :0.174491$(2017年11月14日)

取引開始直後に値を上げたのが最高値で、その後は乱高下をしながら下落の軌道を進んでいます。

2018年に入ってからは安定し、0.5〜1.0$あたりを維持しています。

MCAP(エムキャップ/MCAP)の買い方・売り方・購入方法・取引所

MCAPの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Ccex,Hitbtc
※MCAPを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

MCAP(エムキャップ/MCAP)の将来性

MCAP(エムキャップ)は地方分権化された金融商品を世界にもたらすための研究、開発、教育を促進し、支援し、投資家に力を与えます。

MCAP(エムキャップ)ラボが設計した独自の「ICO評価」によって、既存の投資家たちの支持を集めると同時に、これまで投資の機会を持つことができなかった中産階級や低所得の人々にも注目される仮想通貨となりそうです。

MCAP(エムキャップ/MCAP)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

MCAP(エムキャップ)のSNSやブログでの情報発信は2017年9月が最後となっていますが、2017年の成果としては以下のようなものがあります。

  • MCAP(エムキャップ)ラボの開始
  • プロトコルシフト(カウンターパーティプロトコルからエターレームへの移行)
  • MCAP(エムキャップ)トークンのリリース、取引開始
  • マイニングリサーチの「双方向的な研究方法論」
  • ICO評価サービスの開始

公式な配信がストップしているために、現在の状況や今後の展開は未知数です。

Twitter: https://twitter.com/MCAPlabs

Facebook: https://www.facebook.com/MCAPlabs/

MCAP(エムキャップ/MCAP)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる