ノキアが暗号通貨新興企業と提携してIoTネットワークを構築する理由

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

フィンランドに本社を置く多国籍企業の通信・情報技術プロバイダーであるNokia(ノキア)社は、同社のブログの記事によると、都市から遠く離れた農村地域の人々にモバイル接続を提供し、デジタル経済のメリットを享受できるプロジェクトを発表した。

ネットワーク展開とメンテナンスのコストを削減する新しいツールはこれらの地域からインターネットアクセスできるようにし、Nokiaコミュニティが運用するネットワークはInternet of Things(IoT)データを収集し、顧客が個別にまたはIoTデータコミュニティプロジェクトを通じて収益化することを可能にする。

ノキアは、インターネットに接続されたデバイスによって収集されたデータをトークン化する、Streamr(ストリーマ)と呼ばれるスイスの暗号通貨新興企業と協業している。

ノキアのコミュニティホスティングネットワークは、IoTで生成されたデータを収集し、そのデータをStreamr Data Marketplace(ストリーマ・データ・マーケットプレイス)に統合する。

センサーデータへの接続

ノキアのコミュニティホスティングネットワークは、これらの遠隔地にあるインターネットに接続されたデバイスからブロックチェーンにデータを転送する。灌漑を規制し、気象パターンを予測するために、農場のような場所にセンサーが設置された。

リモートコミュニティは現在、インターネット接続をサポートするためのネットワークインフラストラクチャ使用料の支払方法がほぼ皆無なため、このネットワークにより住民の収益機会を向上させることができる。

しかし、そのようなコミュニティは、インターネット接続を確保するチャンスに対して敏感に反応する。この技術は潜在的な数十億人規模のブロードバンドユーザーに影響を与える可能性があると同ブログは指摘している。

そのような地元住民は、最新ニュースを知ることやソーシャルメディアやエンターテインメントの選択肢を持つこと、保健サービスにアクセスすることの価値を理解しています。さらに、彼らは売りたい商品の現在の価格設定にアクセスできるという利点を認識しています。

モバイルブロードバンドを運営する村

このネットワークは、遠隔の村々がモバイルブロードバンドサービスを運営し、監視することを可能にする。お客様はゼロタッチ基地局を設置し、15分以内にサービスを受けることができる。

こうしたサービスにより、顧客は基地局の設置、運用、保守の費用を支払う必要がなくなる。さらに、提供されたサービスから収益を得ることができる。

データストリーミングを容易にするためにブロックチェーン技術を使用しているストリーマ社は昨年、新規仮想通貨公開(ICO)で3,100万ドルを調達した。

Why Nokia Is Partnering with a Crypto Startup to Build an IoT Network