ビットコインマイニング企業がウォーレン・バフェット事務所外の看板で宣伝活動

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Genesis Mining(ジェネシス・マイニング)のビットコイン普及キャンペーンでは、Warren Buffet(ウォーレン・バフェット)氏のオフィス外の看板が掲示され、バフェット氏がGoogle、Amazonやビットコインに対する認識の誤りがあるのではないかと警告している。

Berkshire Hathaway(バークシャー・ハサウェイ)社の年次株主総会で、バフェット氏がビットコインを批判した直後に、看板が掲示された。

ウォーレン・バフェット氏がコミュニティのサポートを引き出すための看板

掲示板の内容は、Twitter(ツイッター)上の人々から多くの支持を得ている。そのうちの何人かは、投資家たちの資産が増えた時には暗号通貨は必要ないと推測している。

1つのツイッターは、最終的に従来の証券のトークン化に使用されるときに、暗号通貨がバフェットの注目を集めるであろうと示唆している。

Genesis Mining(ジェネシス・マインニング)のビットコイン普及掲示板キャンペーンは、ビットコインについて一般の人々を啓蒙するためのものです。 1つの目標は、主要なマスメディアがしばしばビットコインに関して言いふらしている悪い印象とのバランスをとることだ。

今月初め、Genesis Miningは、ニューヨーク市で開催された2018年コンセンサス・ブロックチェーン会議で、「反ビットコイン派銀行家」デモンストレーションを開催した。銀行家としての立場をとった抗議者たちは、銀行業界のビットコインに対する反対を伝えるために反ビットコイン看板を掲示した。

ジェネシス・マイニングのCEOであるマルコ・ストレン(Marco Streng)氏は、Bankco Against Bitcoinのウェブサイトで、分散型テクノロジーは銀行が直面する最大の競争相手であると指摘し、この抗議は変化を受け入れない企業に何が起こるかを示していると指摘した。

ビットコインとブロックチェーンをサポートするキャンペーン

このWebサイトは、BitcoinとBlockchainに関する一般の意識を高めるために、2年前に#ExploreBitcoinプロジェクトが開始されたことを指摘し、既に初期の暗号通貨のサポートを開始するために多数のキャンペーンを実施している。

2016年には、このキャンペーンは強硬な反ビットコイン論者でJPモルガンのCEO、ジェイミー・ディモン(Jamie Dimon)を標的にして行われ、マイアミビットコイン会議において携帯電話の掲示板に回覧された。

2017年、このキャンペーンはジャーナリストに対し、ビットコインに対する否定的な報道を批判した。

このキャンペーンでは、フロリダ州のタクシーの上に、2010年にピザ2つの購入代金として払った10,000ビットコインは、当時240万ドルの価値があったと指摘している。もう1つのタクシー看板では、ビットコインはテクノロジーであり企業や組織ではないと指摘していた。

サンフランシスコとロサンゼルスのハイウエイ掲示板では、ビットコインを使って手数料無料でお金を送ることができると人々に訴えた。

シカゴ、ワシントンD.C.、ニューヨークのウエスタンユニオンの店頭にたむろしている看人たちの掲げる看板には「送金するのに費用はかからない。ビットコインで無料でお金を送ろう。いつ、どこででも」と書いてあった。

このキャンペーンでは「Bitcoinは暗号技術の画期的な成果であり、デジタル世界において複製不可能なものを創造する能力は莫大な価値がある」というGoogleのエリック・シュミット(Eric Sc​​hmidt)CEOのコメントをソーシャルメディアに投稿できる画像も提供されている。

もっと多くのキャンペーンが今後行われることだろう、とStrengは述べた。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Mining Firm Trolls Warren Buffett with Billboards Outside His Office