EU議会、企業と市民に「力を与える」ためのブロックチェーンを提案

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

欧州議会のメンバーは、中小企業がブロックチェーン技術を取り入れることで利益を得ることができると考えています。

今週水曜日、産業・研究・エネルギー委員会は、中小企業が中間決済代金に関連する費用の一部を削減することを目指して、ブロックチェーン決済システムを検討するよう勧告しました。 さらに、プレスリリースによると、来月の本会議でEUの欧州委員会に口頭で質問が提出される予定です。

また同委員会は、データ管理、サプライチェーン管理、土地登録、エネルギー市場の民主化など、技術の非商業的利用を具体的に提案しました。

会合を報告したエヴァ・ケイリー(Eva Kaili)委員は、この技術は「最先端」であると付け加え、以下のように述べました。

“委員会は、ブロックチェーン技術が私たちの人生の質を変え、中小企業に力を与え、ほとんどの産業分野でビジネスモデルを改善すると思っています。今日の決定は、EUが第4次産業革命のリーダーになる第一歩です。

この報告書によれば、メンバーはEU委員会に対し、「革新的で技術的に中立的」である様々なブロックチェーン技術使用の規制ルールを設定するよう求めています。 また、2020年以降のEUの長期予算の中で新興のブロックチェーンプロジェクトへの資金援助を要請している¥ます。

ケイリー氏は、Consensus 2018会議で、EUはブロックチェーンの採用を促進し始めていると述べ、「今後数年間にブロックチェーン技術の適用試行そして規制を行う予定です」と述べました。

彼女はさらに、「ブロックチェーン技術についての各政治家を勉強してもらうことは本当に難しい。また、欧州議会には多くの科学者がいるわけではないことも問題」と指摘しました。

EU Parliament Touts Blockchain to ‘Empower’ Businesses and Citizens