暗号通貨ブローカーGenesis Global Trading社、ニューヨーク州からBitLicenseを付与された5番目の企業に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

暗号通貨仲介会社ジェネシス・グローバル・トレーディング(Genesis Global Trading)は、州の金融規制当局からビットライセンス(BitLicense)を受け取る最新の会社になった。

ニューヨークに本拠を置くジェネシス(Genesis)社は、州の金融サービス局(NYDFS)がそのアプリケーションを承認したことを発表し、BitLicenseを受け取る企業の一握りになった。Bitlicenseは、ニューヨーク州で正式に暗号通貨事業を行うためのライセンスだ。

同社は証券取引委員会(SEC)と金融業界規制当局(FINRA)のブローカーディーラーとしても登録されており、機関投資家向けの店頭販売(OTC)暗号取引デスクを運営している。

これまでGenesis社は、BitLicense登録者がNYDFSアプリケーションが保留されている状態でニューヨーク州で業務を行うことを可能にする「安全な条件」の下で業務を行っていた。

Genesis Global TradingのCEO、マイケル・モノ(Michael Moro)氏は、このように述べた。

「DFSがGenesis Global Trading BitLicenseアプリケーションを承認したことを非常に喜んでいる。 われわれは近年、安全な条件の下で運営してきたが、今日の決定は重要な前進であり、確立された貿易相手国として制定された堅固な遵守措置を再確認する」

NYDFSのマリア・T・ヴロ(Maria T. Vullo)監督は、「ニューヨークは成長を続けるフィンテック産業を統制し続けている」と述べた。 これらの承認は、消費者と暗号通貨市場を保護し、ブロックチェーンの利用拡大、新規および既存の市場参加者への強力な規制監督など、イノベーションを促進するDFSのコミットメントを示している。

Genesis社は、2015年に最終決定されたニューヨークの論争の的となっている暗号通貨規制の枠組みの下で、BitLicenseを受け取ったばかりの5番目の企業になり、これによって大部分の暗号通貨取引業者と販売所がニューヨーク州から離れることとなった。この出来事は、通称「ビットコインの大流出(Great Bitcoin Exodus)」として知られている。

他のBitLicense受益者には、コインベース(Coinbase)、米国ビットフライヤー(bitFlyer USA)、リップル子会社XRP II、サークル・インターネット・フィナンシャル(Circle Internet Financial)が含まれる。

ジェミニ・トラスト・カンパニー(Gemini Trust Company)とパクソス(Paxos)はNYDFSチャーターは受けたが、まだBitLicenseの承認を受けていない。

New York Grants Fifth-Ever BitLicense to Crypto Broker Genesis Global Trading