重要なマイルストーン:Steemブロックチェーン 100万人のアカウントを獲得

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

コンテンツ配信者が作品を収益化することを可能にするブロックチェーン報酬プラットフォーム、Steemは、プロジェクトが100万の登録アカウントに達したと発表した。

Steemitの公式ブログでは、ブロックチェーン上で100万回の登録が確認され、取引、ユーザーアクティビティー、ユニークビジターに関するさらに素晴らしい統計情報が更新された。

Steemの人気は増加している。 steemit.comのブログやソーシャルメディア プラットフォームでは訪問者が多数集まるだけでなく、dtube、busy、dliveなどのSteemブロックチェーンを使用する他のDApps(分散アプリケーション)もある。

Steemの歴史

2016年にCCNが報告したように、Steemitは質の高いコンテンツ制作と投票システムとの議論を奨励するソーシャルメディア プラットフォームである。

投票はSteemとSteem Dollars(SBD)トークンに変換され、実際の金銭やその他のデジタル資産と交換することができる。 Steemitプラットフォームは、通常は目立たない広告やペイウォールに頼らざるをえないコンテンツ配信者の収益を得るための別の方法として機能する。
Steemは以下のような不満を感じているサイト運営者を支持する。

  • チップと寄付は、少額決済を処理する費用がかかるため実行できない
  • Facebookのような巨大なソーシャルネットワークは配信者から利益を得るが、収益を分配しない

しかし、このプロジェクトは、人気のあるユーザー@kevinwongが書いているように、ボットや悪意のあるプレーヤーたちが投票システムを試そうとしている間、長年苦闘している。

Steemitは2016年に2,000人のアクティブユーザーしかいなかったことからわかる。また、プロジェクトのサイトによると、2016年6月から、報酬は40,154,371米ドルであった。

コアミッションへのこだわり

ブロックチェーン業界が成長するにつれて、方向性の欠如や解決を必要としない問題の解決、または他の解決策によって既に解決されている問題など多くのプロジェクトが批判を浴びた。

公開ブロックチェーンを持つ配信者に報いるためのSteemの核心は、成功の一環である一貫性を保っている。オープン テクノロジー、相互運用可能なアーキテクチャー、そして実績のあるドキュメントに関する開発者の関心を集めている。

これにより、ブロックチェーンと相互作用するコンテンツベースのDAppが爆発的に増加した。これは、たびたびユニークでこの種で初めての方法だ。

コンテンツ配信業界では、コンテンツを収益化するアイデアが少なく、消費者から不安を募らせている場合、Steemは興味深い見解を示している。

Ned Scott氏は最近、コンセンサス2018会議のパネルでこれらの理想を再確認した。

「私にとっては、ネットワークを構築し、人々の能力を高めることがすべてだ」と彼は言う。

パネルで彼は、RedditやDiggのようなプラットフォームですでに確立されているユーザーの影響を示すアイデアに、Steemの仮想通貨が構築する方法について深く掘り下げている。

SNSと連動している通貨であるSteemは、他の仮想通貨と比べると特殊な仮想通貨です。どのように取引され、特徴を備えている仮想通貨なのでしょうか?この記事では新しいスタイルの仮想通貨について、今までの価格推移について解説しています。

Major Milestone: Steem Blockchain Hits 1 Million Accounts