ペイパル CFO:ビットコイン価格は小売業者にとって流動性が高すぎる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインの価格はあまりにも流動性が高いため、実業界での決済には適さないと、PayPal CFOのジョン・レイニー(John Rainey)氏は最近のインタビューで語っている。

ビットコイン価格は商人にとって揮発性が高い

レイニー氏は最近の「Mad Money」のエピソードでこの訴訟を起こした。小売業のマージンがあまりに過小なため、ビットコインが導入可能な決済媒体にならないと説明している。

「たとえば、販売している製品に10%のマージンがあるところにビットコインを受け入れると、その翌日に15%動いただけで一気に赤字に転落してしまう」と彼は述べている。

確かに、ビットコインと暗号通貨の価格は、法定通貨よりもはるかに不安定だ。外国為替では1%や2%価格が上下しただけで大きな動きと見なされるが、近年急速に上昇したとはいえ、15%のビットコイン価格の動きは特別なものではない。

レイニー氏は、将来的に小売業サイドの需要が増加すれば、彼らのビットコイン政策を再考する見込みであることを続けて示唆した。

将来、暗号通貨を受け入れる可能性について、レイニーはこう続けた。

「場合によっては消費者側にアピールするものがあるかもしれませんが、小売業者がそれを受け入れなければ価値はほとんどない。

今、私たちは小売業者からそれほど多くの関心が寄せられていない。しかし、暗号通貨が将来的に安定しよりよい通貨となれば、我々は我々は確実にそれを支持するだろう」

ペイパル(PayPal)の暗号化の計画

レイニー氏のそうしたコメントとは異なり、企業の多くは、価格変動のインパクトから小売業者を守るために販売時点で国内の法定通貨に資金を変換するサードパーティ製の決済サービスを介して、決済方法としてのビットコインおよび暗号通貨を受け入れている。

オーバーストック(Overstock)は、暗号通貨を受け入れる最初の大手小売業者であり、現在も継続して導入している。エクスペディア(Expedia)はホテルや観光地でビットコイン決済を行うことができる。

また、いつくかの地下鉄でも主要な暗号通貨を受け入れている。多くの小規模店舗でも同様にビットコインが受け入れられており、デジタルと現実の両方の店舗でライトコイン(litcotin)イーサリアム(ethereum)のような追加の暗号通貨を受け入れている。

一部のPayPalの創設者と役員は、過去にBitcoinについて話したとき、暗号通貨への攻撃の手を緩めなかった。創業者のビル・ハリスは、そもそもBitcoinが貴重な天然資源を犠牲にしている以前に、「歴史における最大の詐欺」とこき下ろし、Bitcoinコミュニティが取り組まなければならない本質的な価値はないと主張しました。

一部のエグゼクティブの弱気な見通しにもかかわらず、オンライン決済サービス業者は、暗号通貨を使用するユーザーがネットワーク経由でコインを送信するのではなく、プライベートキーをオフチェーンに交換できるシステムを今年3月に特許出願した。同社は、この業界セクターが発展するにつれ、確実にその部門に注目している。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Bitcoin Price Too Volatile for Merchants, Claims PayPal CFO