仮想通貨(コイン)の Cindicator(シンジケーター/CND)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のCindicatorの価格・時価総額・出来高

通貨名Cindicator(シンディケーター)
通貨略号CND
公開日2017年9月9日
システム-
発行上限枚数20億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Hitbtc
公式サイトhttps://cindicator.com/

Cindicator(シンディケーター)のローソク足リアルタイムチャート

Cindicator(シンジケーター)とは?基本情報

Cindicatorは「人間の知能と、人工知能(AI)」の効果的な組み合わせによるハイブリッドな資産(投資)管理のプラットフォームです。

通常、投資ではファンダメンタルズやテクニカルをはじめ、長年の研究から様々な判断手法が存在します。しかし、そういった手法を利用したとしても投資では勝つ人負ける人が分かれるのは、「定量的な要素以外の要素」が影響しているためです。理論や論理だけでは勝つことができないのが投資の世界です。

そこで、Cindicatorは人間の知能と、人工知能(AI)を効果的に組み合わせることで理論的な投資判断に加え、人間の感覚であったりなど、数値だけではかれない投資判断を組み合わせ、ハイブリットな合理的判断を下す投資を行い、また管理することを目指しています。

Cindicator(シンジケーター)の特徴・仕組み

Cindicator(シンディケーター)は、人間の知能での経済予測に基づく投資判断に、ビッグデータと人工知能(AI) を活用した経済予測、投資判断をミックスさせることで合理的な判断を実現させることができます。

展開しているサービスに関しては下記にて説明しますが、どのように実現させているのかのポイントは2点あります。

まず1点目は、「大量のデータを保有、分析」することで論理的かつ理論的な投資判断を行うこと。2点目は、大勢の優秀な投資家が経済に関する意見と、それが投資に与える影響に関しても意見すること。この2点を活用することで実現させています。

また、投資に関してだと所謂「ポジショントーク」の応酬が発生するのではないか、という疑問が出てきます。それは仮想通貨でも起こっております。

例えば実体はなくホワイトペーパーもない怪しい「Aコイン」というものがあったとします。そして、たまたまそのコインを大量に持っている人がいたとします。その人は本心では明らかに価値の低いコインとわかりつつも、自身が保有しているため価格が上がってほしいと考えます。そういった時に、Twitterやブログなどの情報発信の場で、Aコインは素晴らしいと説くはずです。そうすることによってAコインを購入する人が増え、Aコインの価格が上がるのです。

こういったポジショントークが発生してしまうのではないか、と考えられるわけです。

しかしCindicatorはこの点を、「Auger」に似た手法で看破しています。Cindicatorで回答する経済通の投資家達が、経済に関する意見ならびに投資判断を行うと、その判断が結果的に正しかった誤っていた、を下します。

正しかった場合はインセンティブが発生し、誤っていた場合はCNDが没収されるため(またはもらえるCNDのパーセンテージが落ちる?こちらに関しては少々あいまいです)、投資家達は「常に正しい判断をし続ける」ということになります。

このようなかたちでCindicatorは経済・投資の合理的な判断を下すことができるのです。

さて、それではどういったサービスを展開しているのかを紹介します。Cindicatorが提供しているサービスは3つあります。

  • Cindicator platformn
  • Cindicator bot
  • Cindicator bot 2.0

Cindicator platform

経済、市場、の未来予測の分析プラットフォームです。
人間の知能+人口知能のハイブリッドモデルよって構築される予測分析、データ、市場指標のシステムです。

Cindicator Bot

投資に関する助言をするBotです。
何万人もの金融アナリストたちが、経済イベントごとの結果をCindicator platformにて予測をしています。
Cindicator platformで得た経済予測のビッグデータを人工知能(AI)で処理し、ハイブリッド型の合理的判断をBotで教えてくれます。

Cindicator Bot 2.0

リアルタイムで裁定取引(アービトラージ)のタイミングを教えてくれるBotです。

CindicatorはWEBサービスだけでなく、アプリの展開も実施しており、既にダウンロードして利用することが可能です。

Cindicatorのサービスは全てを無料で利用することはできず、保有している Cindicatorトークン(CND)に応じて利用できるサービスが異なるため、大量に保有することでサービスの恩恵をより深く受けることができる仕組みになっております。

Cindicator(シンジケーター)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 2017年10月 取引開始
    • 0.019ドルから取引がスタート。一時0.03USドルと値を上げますが、下降トレンドに切り替わります。
  • 2017年12月 価格高騰
    • 12月中旬前後より上昇トレンドに切り替わり、12月19日には一時0.079USドルに到達します。
    • 2ヶ月でおよそ4倍の値上がりを記録しました。

※追記情報※

2018年1月19日に200%近い高騰を記録しました。暴落後の騰落率では全通貨でトップクラスの高騰率です。

Cindicator(シンジケーター)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Cindicatorの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Hitbtc

Cindicatorを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. Cindicatorを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

Cindicatorの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

Cindicator(シンジケーター)の将来性

Cindicatorの経済予測ツールは人工知能を活用しているため、経済事象のデータとアナリストによる投資判断のデータが蓄積され、時間軸の経過とともに優れた判断を下せるようになります。そして優れた判断を下せるようになると、投資家が投資判断の材料として活用し始め、より精度の高い判断が下せるようになるループになります。

さらに、プロダクトごとにCindicatorトークン(CND)が必要になるため、ホールドの傾向が強くなることが予測され、市場での供給数が減少し希少性が高まるため値下がりがしにくくさせている点も評価できるポイントです。

また、Cindicatorはチームメンバーへの期待も高いといえます。ビットコイン財団創立者チャーリーシュレム氏や、イーサリアム開発者の一人アンソニーディオリオ氏などがアドバイザーになっていると、公式ページに掲載されています。1,000以上の仮想通貨が存在する中、確かな経歴の持ち主が関わっていることは信頼性が増すため購入材料になりやすく、通貨の価格にも影響してくることでしょう。

Cindicator(シンジケーター)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

※随時更新予定

公式サイト

Cindicator(シンジケーター/CND)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる