大逆転投資家スティーブ・アイスマン:「ビットコインはマネーロンダリングと投機のための用途しかない」

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ウォールストリートのベテラン投資家スティーブ・アイスマン(Steve Eisman)は、過去10年間の金融危機に先立ち、サブプライム住宅ローン市場を収束させることで有名になった。新しい投資先資産の中で彼が同様に懸念を持っているものがある。暗号通貨だ。

金融界で大逆転を演じた経歴を持つアイスマンがCNBCに語ったところによると、暗号通貨が社会的に存在意義のあるものであると説得力を持って論じることができる人はまだいないとのことだ。

彼はこのように言った:

私は暗号通貨の専門家ではないが、これに対し疑問を持っている。私の疑問は『暗号暗号の社会的有用性とは何なのか』ということだ。ブロックチェーンのことを言っているのではない。

私の考えでは、ブロックチェーン技術には真の価値がある。しかし、通貨市場は最も流動性が最も高く効率的な市場であり、おそらく現在存在する他のどんな市場と比較してもそう言えるだろう

投資会社ニューバーガー・バーマン(Neuberger Berman)のポートフォリオマネージャーは、ベネズエラのようなほんの数例の例外を除き、先進国では暗号通貨の用途というのは投機的投資やマネーロンダリングに限られていると主張している。

「少なくとも先進国では、社会的有用性は極めて小さいと思う。私が実際にその使用法を理解できる唯一の利点は投機として、またはマネーロンダリングとしての用途だけだ。」

このインタビューでは、アイスマン氏がビットコインに対して批判したのは今週に入って2回目だ。 CCNが報道したように、香港の産業界では暗号通貨には正当な用途がないと考えており、今後はそれに言及することはないと思われる。

それでも、アイスマン氏は、彼自身が通貨取引に特化していないことと、ビットコインに公正な市場価値を割り当てることが可能であるとは考えていないことから、ビットコインが次の「大逆転」にする気はないと繰り返した。

「ピンの先のような狭い市場で何人の天使が踊ることができるだろうか」と彼は言った。 「私は暗号通貨の評価のしかたを考えていないし、他の誰もそうは思わない」

Bitcoin Only Used for Money Laundering and Speculation: ‘Big Short’ Investor