仮想通貨(コイン)の Mercury(マーキュリー/MER)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のMercury(マーキュリー/MER)の価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

Mercury(マーキュリー/MER)とは?基本情報

Mercury(マーキュリー/MER)とは、未来のコミュニケーションを担うプラットフォームです。

普通に普及しているサービスとしてのプラットフォームの場合、一つのサーバーにデータが保管されているというのが通常です。そのため、プライバシーやセキュリティは一つサーバーに依存してしまう、また、コンテンツがそのサーバー内のコンテンツに限られてしまうという問題がデメリットが存在します。

しかし、Mercury(マーキュリー/MER)は、ブロックチェーン技術を用いることによって、データを分散化し、セキュリティ性を高め、コンテンツも一つのサーバーに依存することが無いようにすることが可能になります。

このようなプラットフォームはDustから始まり、続いてBroadcastが始まり、そして、Mercury(マーキュリー/MER)はそれに続き、未来のコミュニケーションプラットフォームの標準になると考えられています。

Mercury(マーキュリー/MER)の特徴・仕組み

現在流行っているコミュニケーションプラットフォームは無料で利用しやすいものです。しかし、それらはビジネスが関連している背景もあり、企業の広告やプロパガンダで溢れています。こうした慣行は、人々に偏ったバイアスを与えてしまうとして、FaceBookやGoogleは日々、偏りが無いように改善に力を入れています。

そこでMercury(マーキュリー/MER)の登場です。Mercury(マーキュリー/MER)は、パブリックばプラットフォームであるため、企業の収益を気にする必要がなく、公平な情報をユーザーに提供することが出来ます。

この特徴は、現行のコミュニケーションツールの大きな問題を解決するのに、とても有効なものとなります。

さらに、Mercury(マーキュリー/MER)は、Mercury(マーキュリー/MER)のプロトコルを取り込んでいるプラットフォーム上になら、個人から全世界のプラットフォームにまで、コミュニケーションの接続をすることを可能にします。

Mercury(マーキュリー/MER)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年3月31日
  • 取引開示価格:$0.00118
  • 直近価格:$0.232713(2018年3月17日)
  • 最高値:$1.17(2018年1月5日)
  • 最安値:$0.009398(2017年10月13日)

Mercury(マーキュリー/MER)は、2017年3月31日に取引が始まり、その後2か月後に約10に高騰し、すぐに、暴落をしています。その後は上げ下げをしながら、$0.01~0.03のレートで推移していました。

そして、2017年11月上旬頃から、一気に資金が流入し、価格が大きくあがります。それもなんと、11月14日から11月15日の一日で10倍になる程です。さらに驚くことに、この初動からピークを付ける1月5日までの値上がり率は、6000%以上になります。

しかし、他の仮想通貨と同様に現在はそこから一変し、$0.2の価格帯に急落して推移している状況です。

Mercury(マーキュリー/MER)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Mercury(マーキュリー/MER)の購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Mercury(マーキュリー/MER)の将来性

Mercury(マーキュリー/MER)の将来性は、非常に高いと考えられます。

その理由の一つは、ブロックチェーン技術を利用した公平なプラットフォームであるという点だと考えられます。現在のコミュニケーションプラットフォームが企業のプロパガンダなどに溢れていて、とても商業的なものとなってしまっています。この問題は、FaceBookの創始者マークザッカーバーグ氏も懸念している問題です。

この問題を解決してくれる手段の一つがこのMercury(マーキュリー/MER)ではないでしょうか。

Mercury(マーキュリー/MER)は、対個人、対大人数に対しても、プロトコルを採用してるプラットフォームになら、コミュニケーションを行うことが可能になります。

つまり、一度このMercury(マーキュリー/MER)が普及さえしてくれれば、多くの人が公平に、便利に利用できるため、可能性は大きいものと言えるでしょう。

Mercury(マーキュリー/MER)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

Mercury(マーキュリー/MER)は、DUSTとBroadcastに続く、プラットフォームとなっていて、ホワイトペーパーによると、まずはDUSTとBroadcastの価値を向上させ、普及することに努め、その過程で、安全性、セキュリティ性を高め、Mercury(マーキュリー/MER)のプラットフォームを作り上げていくようです。

そのため、今の段階では先駆的なDUSTとBroadcastの動向を見ていくというのが、賢明なところではないでしょうか。

いずれにしても、このDUSTとBroadcastがうまくいくかどうかがMercury(マーキュリー/MER)の成功の鍵を握っているといえるでしょう。

Mercury(マーキュリー/MER)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる