中国政府による仮想通貨ランキング:イーサリアム1位、ビットコイン13位

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の産業情報省は、5月17日、テクノロジー、アプリケーション、イノベーションの3つの基準に基づいて、Ethereumのような様々なブロックチェーンプロジェクトの評価ランキングを発表しました。

中国政府はEthereumをNo.1で世界最高のブロックチェーンネットワークと位置づけました。トップ5には、Ethereum、SteemLiskNEO、およびKomodoが含まれています。

LiskやNEOとは異なり、Steemは分散アプリケーションの作成に使用できるブロックチェーン技術ではないため、中国政府がブロックチェーンネットワークの上位5位にSteemを追加したことは、コミュニティによって予期せぬことでした。

Steemは、ブロックチェーンに基づくコンテンツ配信プラットフォームで、ブロックチェーンに基づくReddit(情報配信ウェブサイト)のようなものです。

日本政府と金融庁(FSA)を含むいくつかの政府が、MoneroZcashのような匿名の支払いを処理できる仮想通貨がマネーロンダリングや犯罪行為に関連しているという懸念を表明していることを考えると、Moneroは9位にランキングしたのは驚くべきことです。

仮想通貨コミュニティは、ビットコインが、プライバシーに重点を置いた仮想通貨Vergeと同じ13位にランク付けされたこと驚きました。ビットコインコミュニティは、ビットコインが世界市場で最も安全で支配的な仮想通貨として最長の実績を持っていることを考慮すると、13位というビットコインのランク付けに激怒しています。

中国政府は、1つだけのアプリケーションを持つ、コンテンツ配信プラットフォームSteemを2位にランク付けしているため、ビットコインのアプリケーションの用途が支払いだけに限定されているからランクが低いのだという議論は不合理です。

さらに重要なことに、ビットコインは、仮想通貨で最も活発なオープンソース開発コミュニティがあり、Confidential Transactions(CT)、Bulletproofs、Lightning Networkなどの革新的な技術を開発しています。

RootStockのようなソリューションでは、ビットコインがEthereumのようなスマートコントラクトプラットフォームとして機能する可能性があります。

今後の期待

仮想通貨コミュニティの大部分は、中国政府が監視のためのプライベートブロックチェーンネットワークとプロトコルを持つ通貨を上位にランクすることを予想していました。従って、EthereumやMoneroのような仮想通貨を上位に置く政府のランキングは、政府が客観的に評価を行っていることを示しています。

しかし、アナリストは、中国政府は次世代ブロックチェーンネットワークを優先し、実績やハッシュレート、コンピューティングパワー、ビットコインに代表される採掘難易度を見落としていると述べています。

今月初め、香港に本拠を置く主要出版社であるSouth China Morning Postは、中国政府のブロックチェーンのランキングは、中国政府と緊密に連携して技術政策をアドバイスする情報産業発展センター(CIID)によって作成されたと発表しました。

そのため、Ethereumなどの上位ランク通貨は、中国での解禁に向けて影響を与える可能性があります。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

China Ranks Ethereum as the World’s Best Blockchain Network, Bitcoin at #13